@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伝染【デンセン】

デジタル大辞泉

でん‐せん【伝染】
[名](スル)
病原体が他の生物体に入り、増殖して病気になること。感染。「はしかが伝染する」
物事の状態・傾向などが他に移って同じような状態が起こること。「あくびが伝染する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

伝染
 ある病原体宿主組織に定着し,さらに増殖し,他の個体へと感染していくこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんせん【伝染】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんせん【伝染】
スル
病原体が、ある個体から他の個体に侵入し、病気を引き起こすこと。
良くない現象や傾向が別の人に移ること。 あくびが-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でん‐せん【伝染】
〘名〙
① うつりそまること。また、うつしそめること。他にうつることや他にうつすこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「羯布羅は〈略〉水には纔に其香気のみを伝染し」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「支那の因循が伝染(デンセン)しておほきに害になりやす」 〔図絵宝鑑‐六法三品〕
② 病原となる微生物が生物の体内に侵入して繁殖し、病気を起こさせること。感染。
※紅毛雑話(1787)四「かくて其臭気にうたれたる者、本国へ帰りて後、大熱を発して命をおとす。夫より此病欧羅巴洲中へ伝染す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝染」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝染の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation