@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伯方島【はかたじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伯方島
はかたじま
愛媛県北部,芸予諸島中部にある島。今治市に属する。花崗岩からなる島で,最高所は宝股山 (304m) 。東部木浦は暴風時の避難港で,海運業が発達。南部の有津 (あろうづ) には漁業センターがあり,養殖漁業が行なわれる。北浦では,伯方塩と称する昔からの製法による塩を特産。島の一部は瀬戸内海国立公園に属する。西の大三島との間に大三島橋,南の大島との間に伯方・大島大橋がかかり,西瀬戸自動車道が開通した。面積 20.83km2。人口 8031 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はかた‐じま【伯方島】
愛媛県北部、瀬戸内海中央部の芸予(げいよ)諸島中の島。今治(いまばり)市に属する。面積19.5平方キロメートル、周囲32.5キロメートル。標高ほぼ300メートル以下の丘陵からなり、ミカンタバコ・野菜などの栽培が盛ん。瀬戸内海交通の要衝で、瀬戸内しまなみ海道の一部。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はかたじま【伯方島】
瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島中の島で,一島で愛媛県越智(おち)郡伯方町を形成。人口8356(1995)。南は宮窪瀬戸を挟んで大島と,西は鼻栗瀬戸を挟んで大三島と相対する。多くのが張り出し,木浦(きのうら),有津(あろうづ),熊口(くまご)などの良港がある。周辺の海底からは多数のナウマンゾウ化石が引き上げられている。中央にそびえる宝股(ほこ)山(304m)は山頂巨石がまつられ,近世以降は石鎚山の遥拝所となっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伯方島
はかたじま

愛媛県北部、瀬戸内海中央部の越智(おち)諸島(芸予諸島)の一島。今治(いまばり)市に属す。面積20.84平方キロメートル、人口8031(2000)。海岸の出入りが複雑で海岸線の長さは32.5キロメートルに及ぶ。西に大三(おおみ)島、北に生口(いくち)島、岩城(いわぎ)島、南に大島など多島海の中央にある。宝股山(ほこさん)や開山(ひらきやま)などが瀬戸内海国立公園に含まれる。大三島橋(1979年完成)が大三島と、伯方・大島大橋(1988年完成)が大島と結び、それぞれ本州四国連絡橋尾道(おのみち)―今治ルート(西瀬戸自動車道=瀬戸内しまなみ海道、1999年5月全通)の一部をなす。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伯方島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伯方島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation