@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伸張反射【しんちょうはんしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伸張反射
しんちょうはんしゃ
stretch reflex
筋肉に張力を与えた際,その筋肉自身が収縮を生じる反射。関節の外側についている伸筋の場合,この反射によって関節の伸張が起る。反射の機構は,筋肉内部に自己伸長受容のための筋紡錘という受容末端が埋込まれていることによる。伸長が感受されると,この刺激が脊髄へと上行し,そこから折返して,自分自身を収縮させる運動神経を働かせるので,一種のフィードバック反射ともいえる。最も基本的な反射経路の一つである。伸張反射はほとんどすべての骨格筋にみられるが,発声筋にはなく,重力に抗して直立姿勢を保つときに働く抗重力筋 (主として伸筋) に,特に発達している。を伸長させたときも,筋がそれにつれて伸びるので伸長反射が生じる (腱反射) 。診断に用いられる膝蓋反射は,こうした腱反射の例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんちょう‐はんしゃ〔シンチヤウ‐〕【伸張反射】
筋肉が引き伸ばされると、その筋肉が収縮する現象脊髄反射の一。重力に対して身体を支えるなど、姿勢保持に重要な役割をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんちょうはんしゃ【伸張反射】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伸張反射
しんちょうはんしゃ

脊髄(せきずい)反射の一つで、骨格筋が受動的に引き伸ばされると、その筋が収縮する現象。この収縮は、筋肉の伸展によって生ずる張力を、その筋肉の中にある筋紡錘が感受しておこるものである。除脳動物(脳を除去するか、中枢神経をある部位で切断した実験動物)ではこの反射が著しく亢進(こうしん)した状態となる(除脳固縮)。とくに伸張反射は、重力に対抗して身体を支える筋(抗重力筋)に著明で、動物の姿勢保持に重要な役割を演じていることがわかる。臨床診断に用いられる種々の腱(けん)反射、たとえば膝蓋腱(しつがいけん)反射やアキレス腱反射は、筋の急激な伸張によっておこる伸張反射である。伸張反射では、求心性インパルスが筋から発し、Ia群線維を通って単シナプス性にその筋を支配している運動ニューロンを興奮させると、遠心性インパルスが同じ筋に帰って収縮をおこすという反射経路をとるので、伸張反射は自己受容反射ともよばれる。

[鳥居鎮夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伸張反射」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伸張反射の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation