@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

似絵【にせえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

似絵
にせえ
鎌倉時代初期,藤原信実 (のぶざね) によって完成され,その家系の為信,豪信などに引継がれた写生的,記録的な肖像画技法。特に面貌描写において細い淡墨線を引重ねて目鼻を精密に表現し,対象の個性に迫ろうとする。『後鳥羽天皇像』『花園天皇像』『親鸞像 (鏡御影〈かがみのみえい〉) 』のような単独像のほか,『随身庭騎絵巻』『天皇摂関像』などの集団像や『中殿御会 (ちゅうでんぎょかい) 絵巻』のような儀式の記録画など範囲が広く,さらに名牛や名馬の姿を写し集めた似絵もある。またその様式は同時代に流行した歌仙絵にも及んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にせ‐え〔‐ヱ〕【似絵】
平安末期から鎌倉時代に流行した大和絵様式の肖像画。特に面貌(めんぼう)を写実的に描く。藤原隆信に始まり、その子信実によって大成された。代表作に信実の「後鳥羽上皇像」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にせえ【似絵】
鎌倉時代から南北朝時代にかけて流行した肖像画の一種。13世紀から15世紀にかけて確認される〈似絵〉の用語例をみると,尊崇礼拝のための理想化の加えられた肖像画とは異なる写生画的・記録画的肖像画で,主眼はもっぱら対象とする人物に似せることにあったと思われる。したがって神護寺の《源頼朝像》《平重盛像》などは似絵と呼ばれない。作例としては単独像をはじめ,多数の人物を連ねた列座像や,特定の儀式行事のもとに参列する人々を描いた群像などがあげられるが,特定の牛馬などを表した絵画(《駿牛図巻》)についても用いた例があり,14世紀初頭には牛馬似絵を得意とした画家法眼任禅の存在が知られ,流行の広がりを物語っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にせえ【似絵】
平安末期から鎌倉時代にかけて描かれた、大和絵系の肖像画の総称。面貌が重視され細い線を重ねて目鼻立ちを表し、前代に比べ、より写実的になっている。藤原隆信の家系により、天皇・公家・武家・歌人などが描かれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

似絵
にせえ
大和(やまと)絵様式による肖像画。鎌倉初期ごろから盛んとなり、写実的・記録的傾向が強い。架空の人物図や、尊崇・礼拝の対象に描かれた画像は似絵とはいわない。とくに公家(くげ)、武家の世界で用いられ、単独像はもとより、群像として描かれたものもあり、いずれも面貌(めんぼう)の個性的表現に重点が置かれている。用語としては13世紀中ごろより文献に現れ、15世紀中ごろまで使われている。また人物ばかりでなく、牛馬や具足などの図に用いられた例もみられる。この種の新しい形式の肖像画は、平安末から鎌倉初期の藤原隆信(たかのぶ)に始まり、子の信実(のぶざね)によって発展を遂げた。『後鳥羽(ごとば)上皇像』(大阪・水無瀬(みなせ)神宮)、『随身庭騎(ずいしんていき)絵巻』(東京・大倉集古館)などが信実の作と伝称され、模本として残る『中殿御会図巻(ちゅうでんぎょかいずかん)』の原本を描いたことでも知られる。信実の家系は似絵の画系として受け継がれ、『花園(はなぞの)天皇像』(1338、京都・長福寺)を描いた鎌倉末期の豪信(ごうしん)に至る。なお牛馬の絵では『駿牛(しゅんぎゅう)図巻』『馬医(ばい)草紙』などが有名である。[村重 寧]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にせ‐え ‥ヱ【似絵】
〘名〙 実物に似せて描いた絵。特に、平安後期から鎌倉時代にかけて流行した大和絵の肖像画。写実的で、美しい彩色と精巧な描写が特徴で、藤原隆信・信実・専阿彌・豪信らが画家として有名。代表的な作品に水無瀬宮蔵の後鳥羽上皇像、西本願寺蔵の親鸞上人像などがある。
※承久記(1240頃か)下「忽に花の御姿の替らせ給ひたるを、信実を召して似せ絵に写させられて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

似絵
にせえ
平安末期〜鎌倉初期にかけて隆盛をみた写実的な大和絵肖像画
当時の偉人・宗祖崇拝の傾向がこの隆盛を生んだ。写実的・記録的要素が強く,代表的画家に『源頼朝像』『平重盛像』を描いたと伝えられる藤原隆信と子の信実らがいる。鎌倉中期,禅僧の肖像画の頂相 (ちんそう) が盛んになり,似絵は衰えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

似絵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

似絵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation