@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伽藍配置【がらんはいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伽藍配置
がらんはいち
寺院における諸堂の配置をいう。南都六宗では金堂講堂鐘楼,経楼,食堂僧房を主要建物とし,飛鳥,白鳳時代には塔は1つで金堂とともに回廊内にあった。金堂が塔の三方にあるもの (飛鳥寺) ,塔の北にあるもの (四天王寺) ,塔の東か西にあるもの (法隆寺観世音寺) などがあり,薬師寺では塔は2つになった。奈良時代には塔は回廊外に出,回廊は金堂の左右連なり,金堂の北に講堂,その間左右に鐘楼,経楼があり,僧房は講堂の三方を取巻き,その北から東に食堂がおかれた。密教では山地伽藍を建てたときは左右対称の配置をとらないが,平地のときは奈良系に拠った。鎌倉時代の禅宗では三から出た回廊は仏殿に連なり,左右に僧堂と庫院 (くいん) をおき,うしろに法堂 (はっとう) ,方丈を建て,三門の斜前方に東司 (とうす) と浴室を設けた。浄土宗,浄土真宗,日蓮宗では南都六宗や禅宗のような大陸系の厳正な配置をとらないが,本堂開祖を祀る大師堂 (祖師堂) を左右に並置して中心とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がらん‐はいち【×伽藍配置】
寺院における堂塔の配置形式。日本では飛鳥時代から奈良時代にかけて発達し、四天王寺式・法隆寺式・川原寺式などがある。平安時代には密教の山上伽藍が、鎌倉時代には禅宗寺院の配置が形成された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がらんはいち【伽藍配置】
古代寺院の塔,金堂(仏殿),講堂,中門,南大門,回廊,鐘楼(鼓楼),経蔵などの主要堂塔の配置を伽藍配置とよぶ。日本では法隆寺非再建説をとなえた関野貞が,塔と金堂が左右にならび,奥に講堂があり,中門から左右にのびる回廊がこれらをとりまく法隆寺式が最も古く,金堂の前に東西両塔がならぶ薬師寺式がこれに次ぎ,中門から出る回廊が金堂にとりつき,南大門との間に双塔を配する東大寺式,さらに南大門の南に双塔を配する大安寺式がこれに続くと説明した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がらんはいち【伽藍配置】
寺院における塔・金堂・講堂などの建物の配置。代表的なものに、飛鳥寺式・法隆寺式・四天王寺式・薬師寺式・東大寺式などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伽藍配置
がらんはいち
寺院において主要な堂塔を配置する際の方式。古代寺院では釈迦(しゃか)の仏舎利を祀(まつ)る塔を中心建物とし、飛鳥寺(あすかでら)ではその三方に仏殿を配し、それらを囲んで回廊が巡っていた。奈良の川原寺(かわらでら)では回廊内には塔と仏殿を左右に並べ、北にも回廊に接続して仏殿を配置している。一方、大阪の四天王寺では回廊内に塔と仏殿を南北に並べ、北には回廊に接続して講堂を配置している。法隆寺西院伽藍では川原寺と東西反対に仏殿と塔を並べ、回廊には仏殿が接続していない。このように飛鳥時代の伽藍配置は一塔三仏殿から一塔二仏殿、一塔一仏殿との変化が認められる。また、薬師寺にみられるような回廊内に二塔一金堂を配し、北は回廊に接続して講堂を置く配置も出現する。奈良時代になると、塔は回廊外に建てられるようになり、やがて二塔のうち一塔は省略される。平安時代になると、新しく天台(てんだい)、真言(しんごん)の2宗がおこり、山地での伽藍が形成される。これらの寺にあっては地形の制約上、一定の方式によらないものが多い。天台宗では講堂の前方左右に法華(ほっけ)、常行の両堂を配する例が多い。また、平安時代後期には浄土変相図に基づいた臨池伽藍が盛行する。鎌倉時代になって禅宗寺院が始まると、総門、三門、仏殿、法堂(はっとう)、大方丈を前後に並べる形式が五山格の大寺院にみられる。伽藍配置は時代や宗派によってそれぞれ変化が認められ一様ではない。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がらん‐はいち【伽藍配置】
〘名〙 仏寺での堂塔の配置。代表的なものは、塔を囲んで北・東・西に三金堂を配する飛鳥寺式、中門、塔、金堂、講堂の順に南から北に縦置する四天王寺式、回廊内庭に、西に塔、東に金堂を配置する法隆寺式、同じく東に塔、西に金堂の法起寺式、回廊内庭中門と金堂の中間東西に両塔をおく薬師寺式、両塔を回廊の南外側の東西に配する東大寺式などがあり、それらの変型もみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伽藍配置
がらんはいち
仏教寺院の堂塔(伽藍)の配置様式
古代寺院,特に奈良時代までの寺院は,中門・塔・金堂・講堂などの伽藍を一定の様式によって配置していた。塔を中心としてその東・北・西に金堂を置く飛鳥寺式伽藍配置が最も古く,塔・金堂・講堂を一直線に並べる四天王寺式がこれにつぐ。以後法隆寺式・薬師寺式・東大寺式などがあり,時代が下るにつれ,塔の位置が中心から遠ざかる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伽藍配置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伽藍配置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation