@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伽藍【がらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伽藍
がらん
僧伽藍 saṃghārāmaをしたもので,もとは仏道修行者が集って修行する清浄,閑静な場所のであったが,のちに寺院の建築物を意味する言葉となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がらん【×伽藍】
《〈〉saṃghārāmaの音写「僧伽藍摩」の略。園・衆園と訳す》
僧が集まり住んで、仏道を修行する、清浄閑静な場所。
大きな寺・寺院の建物。「七堂伽藍

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がらん【伽藍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伽藍
がらん

普通は僧侶(そうりょ)の住む寺院などの建築物をいう。サンスクリット語のサンガーラーマsaghārāmaの音写語「僧伽藍摩(そうぎゃらんま/そうがらんま)」の略で、衆園(しゅうおん)、僧園(そうおん)、僧院などと漢訳される。修行僧が集まって仏道を修する閑寂な場所をいったが、のちには転じて寺院の建造物を意味する語となった。

 寺院の主要な七つの建物を具備しているのを「七堂伽藍」という。その内容や名称は宗派などによって異なるが、禅宗では、仏殿、法堂(はっとう)、三門、庫院(くいん)、僧堂、浴室、東司(とうす)(御手洗)をいう。なお、禅宗の僧侶が寺院に住職するときに、弟子と師匠の関係で相承(そうじょう)されるのを「人法(にんぽう)」というのに対し、伽藍のみの関係は「伽藍法(がらんぽう)」といわれる。

[阿部慈園]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がらん【伽藍】
〘名〙
① (「そうがらんま(僧伽藍摩)」の略) 僧が集まって仏道を修行する清浄閑静な所。寺の建物の総称。寺、寺院。→伽藍配置七堂伽藍
※続日本紀(737)天平九年四月壬子「道慈奉天勅此大安寺、修造以来於此伽藍災事
※今昔(1120頃か)一「我勝地を求て伽藍(がらん)一院を建立して釈尊及御弟子等を居(すゑ)奉て」
[語誌](1)「僧伽藍摩」の略であるが、他に「僧伽藍」という語形が「往生要集」などに見える。「僧伽(そうぎゃ)」で仏道修行者の集団をいい、その集うところ全体をいったもの。
(2)基本的には七つの堂舎からなり、「七堂伽藍」ともいうが、七堂の具体的内容および配置は宗派などによって異なる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伽藍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伽藍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation