@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佃島【つくだじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佃島
つくだじま
東京都中央区南東部,隅田川河口の島。旧町名江戸時代初期,摂津国村の漁師拝領して造成した漁村であったので,この名があり,明治になって北の石川島を合併して町名となる。初期の佃島は現在の佃1丁目にあたる。江戸時代からの名産佃煮製造が現在も行われる。北部の石川島播磨重工業跡地に高層住宅が建設されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つくだ‐じま【佃島】
東京都中央区の地名。昔は隅田川河口の単独の島で、江戸初期に摂津国佃(現在の大阪府西淀川区)の漁民移住、地名の由来となる。今は埋め立てにより石川島月島地続きとなった。近年、北部に住宅団地ができた。佃煮原産地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

佃島
古典落語の演目のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくだじま【佃島】
東京都中央区の南東部,隅田川河口に臨む島。現在は北側の石川島とともに佃1~3丁目に属する。寛永年間(1624‐44)に摂津国佃村の漁民数十人が江戸幕府より鉄砲洲東側の砂州を拝領し,周囲を石垣で固めて100間(180m)四方の島を築造,44年(正保1)に完成したという。漁民は日本橋の魚市場に出荷するとともに,幕府よりシラウオ漁の特権を与えられ,毎年11月から翌年3月中旬にかけて,毎朝将軍家にシラウオを納めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つくだじま【佃島】
東京都中央区、隅田川河口の地域。もと小島であったが、埋め立てによって北の石川島などと接続。江戸時代、摂津国西成郡佃村の漁民が定着したのが地名の起こり。佃煮の原産地として知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

佃島
つくだじま
東京都中央区南東部、隅田(すみだ)川左岸にある旧地区名。隅田川が晴海(はるみ)運河とよぶ支流と分かれる河口の三角州からなる島であったが、その後の埋立てで、北の石川島、南の月島と地続きになった。現在の佃1丁目にあたり、石川島は佃1~2丁目にあたる。かつて名もなき小島であったが、江戸初期、徳川家康との縁故によって、摂津(大阪府)西成郡佃村の名主孫右衛門(まごえもん)が漁夫30余名を連れて移住し、郷里の名を島名とした。将軍家献上のシラウオや諸侯に納めた魚類の残りの雑魚(ざこ)を味つけして煮つめたのが佃煮で、江戸名物として現在に至っている。1646年(正保3)大坂の住吉大社の分霊を祀(まつ)る住吉神社が建立され、祭りの際の佃囃子(ばやし)は江戸三大囃子の一つとされた。漁師町は幾多の災害を免れ、江戸の情緒を今日まで伝えている。対岸の明石町(あかしちょう)との間の佃の渡しは、最後の隅田川の渡しとして1964年(昭和39)まで続いたが、佃大橋の完成で廃止された。[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つくだ‐じま【佃島】
東京都中央区南東部、隅田川の河口にある小島。砂州が陸化したもの。寛永年間(一六二四‐四四)摂津国西成郡佃村(大阪市西淀川区佃)の漁民が江戸幕府に招かれて移住したのに始まる。江戸時代は漁師が多く、白魚がとれ、佃煮の産地として知られた。現在は北側の石川島、南東側の新佃島、南西側の月島が陸続きになる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佃島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佃島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation