@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

位牌【いはい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

位牌
いはい
死者のを祭るためので,その面に法名を記す。後漢の頃から儒教が行なっていた存命中の人の姓名階位を板に記入して神にゆだねることを,仏教が取入れたといわれる。江戸時代以降広く行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐はい〔ヰ‐〕【位×牌】
死者の戒名・法名などを記した木の禅僧によって中国からもたらされ、江戸時代に一般化した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

位牌
死者の霊を祀るための木製。表に戒名、裏に俗名・年齢・死亡年月日などが書かれ、四十九日までは白木の位牌を祀ります。忌明け後、白木の位牌は寺に納め、『塗り位牌』といわれる黒塗りの本位牌を仏壇に納めます。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

いはい【位牌】
死者の法名(戒名),俗名,死亡年月日,年齢を記した仏具死者霊の依代(よりしろ)とみなされ,仏壇に安置されて盆,彼岸命日,あるいは朝晩の供養の対象となる。一般に葬式の際に白木に墨書した二つの仮位牌を作り,一つは墓地へ,他は家の仏棚に安置し,忌明けの四十九日ないし一~三年忌のときに漆塗や金箔塗の本位牌に換える。仏教の位牌は儒教の神主(しんしゆ)や神道の霊代(みたましろ)に相当する。日本には禅僧が中国より伝えたものとみられるが,それ以前は民俗的なイハイギや南島に今日もみられる香炉()などであったと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いはい【位牌】
中国、後漢の頃、死者の官位を記すことに始まったための称という
死者の霊を祀まつるため、その戒名を記す木の札。日本へは禅宗とともに伝来し、江戸時代に一般化した。霊牌。
[句項目] 位牌を汚す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

位牌
いはい
死者の霊を祀(まつ)るために、法名(戒名(かいみょう))を記した長方形の木牌。大別して野位牌、内位牌、寺位牌の3種がある。野位牌は死後ただちにつくる。白木の粗末なもので、もとは葬式組の人たちの手製、いまは葬具店で買い求める。僧侶(そうりょ)(神式なら神職)に戒名などを書いてもらって枕元(まくらもと)に置く。葬列では相続人が捧持(ほうじ)する。土葬の場合は埋葬した上に立てておき、四十九日まで、あるいは朽ち果てるまで放置する。火葬の場合は、持ち帰って屋内の臨時の祭壇に祀ることが多い。
 内位牌は、野位牌を放棄してつくりかえるもので、漆塗りのりっぱなものが多い。常時仏壇に安置して供養(くよう)の対象にする。1人の死者に対して1体が普通であるが、夫婦の戒名を併記したものもある。その場合、一方が存命であれば朱字にしておく。薄板に戒名を書いて幾人分も重ねて、一つの位牌にかけておき、命日の人の分を上に出すようにした繰り出し位牌もつくられている。
 寺位牌は、菩提寺(ぼだいじ)(檀那寺(だんなでら))や本山に預けるものである。内位牌とは別に位牌をつくり、供養料を添えて寺に持って行く。寺では本堂のわきや裏、または位牌堂などに安置し、朝夕の勤行(ごんぎょう)のたびに供養することになる。寺位牌は、信心深い人や経済的にゆとりのある人だけがつくる。位牌の起源については、霊の依代(よりしろ)という伝統的な考え方と、仏教の卒塔婆(そとうば)とが習合したものと思われるが、儒教の神主(しんしゅ)の習慣が転じたものだという説もある。[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐はい ヰ‥【位牌】
〘名〙 中世以後の仏教信仰で、死者をまつるために法号、戒名を記して、依代(よりしろ)とする板。死者の冥福を祈る霊牌(れいはい)や生前にその寿福を願う逆修牌(ぎゃくしゅはい)などがある。
※園太暦‐延文三年(1358)六月四日「位牌書様并羽林著服等条々談之事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

位牌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

位牌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation