@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

低価法【ていかほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

低価法
ていかほう
時価主義原価主義とともに棚卸資産の評価方法の一つで,原価時価を比較し両者のいずれか低いほうを採用する資産評価。時価が原価を下回るときは時価で評価し,逆に原価が時価を下回るときは原価のままとし,評価益の計上を排除する。市況悪化などのため,在庫品の売価が原価以下にまで下がっているようなとき,低価主義評価をすることで予見しうる売却損失を商品評価損として事前に認識しようとするねらいがある。税法上も認められ広く行なわれているが,会計理論上は,ある期は原価,ある期は時価となって一貫性を欠き,かつ評価損だけしか認めないという点に理論的根拠がないとされることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ていか‐ほう〔‐ハフ〕【低価法】
財務諸表に記載する資産の評価基準の一。資産の取得原価期末時価を比較し、低い方で評価する。低価法によって簿価を切下げた場合の会計処理として、翌期に評価損を戻し入れる洗替え法と、戻し入れない切放し法がある。→原価法時価会計
[補説]以前は、有価証券棚卸資産の評価基準として原価法と低価法の選択適用が認められていたが、有価証券については、平成12年度(2000)の税制改正により、低価法の適用が廃止された。また、棚卸資産については、会計基準改正により、平成20年度(2008)から低価法に一本化されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていかほう【低価法】
貸借対照表上の資産評価に際し、原価と時価とを比較して低いほうを評価額とするやり方。わが国では有価証券と棚卸資産に適用されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低価法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

低価法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation