@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

住友財閥【すみともざいばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

住友財閥
すみともざいばつ
四大財閥の一つ。元禄年間に別子銅山開坑,鉱山業を軸として富豪になった住友家が明治,大正,昭和にわたって築き上げた,三井財閥三菱財閥に次ぐ重化学工業のコンツェルン。明治年間に別子銅山の近代化によって急速に成長し,伸銅,管,電線炭鉱肥料,電力,建設,倉庫などに進出し,昭和に入ってからは住友化学住友金属鉱山住友電気工業,住友大阪セメント(→住友セメント),日本電気などとして現在まで続いている企業群を擁して大コンツェルンとなった。金融面では住友銀行中核に,住友生命保険,住友信託などをもっていた。1875年に設立された持株会社として統轄権をもつ住友本店は 1909年住友総本店と改称,1921年住友合資会社に改組,1937年株式会社住友本社となった。第2次世界大戦中も大阪を本拠とする軍需財閥として発展したが,戦後財閥解体を受け,その後再び銀行,化学,金属を中心に住友グループとして再編成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すみとも‐ざいばつ【住友財閥】
三井三菱と並ぶ三大財閥の一。住友家は江戸時代以来別子銅山経営事業主力とし、明治期には金属産業から関連産業に進出。第一次大戦後には諸企業を傘下に収める巨大財閥となった。第二次大戦後に解体され、ゆるやかな企業グループとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すみともざいばつ【住友財閥】
三井,三菱とならぶ第2次大戦前の三大財閥のひとつ。古い歴史をもち,大阪を本拠とし,素材産業の比重が高い財閥。住友家の事業は1690年(元禄3)に発見された別子銅山主柱に展開された。1865年(慶応1)別子銅山支配人に抜擢された広瀬宰平は,すでに老朽化し経営難に陥っていた同山を再建すべく尽力し,外人技師ラロックの助言,新技術の採用によって,近代化工事を推進,生産量を飛躍的に伸ばし,同山をふたたび住友家の中心的存在とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すみともざいばつ【住友財閥】
三井・三菱と並ぶ日本三大財閥の一。江戸時代以来別子銅山を経営していたが、維新後住友銀行を創立、銅山と銀行で発展。その後各種産業を経営して大コンツェルンとなる。第二次大戦後 GHQ の指令により解体。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

住友財閥
すみともざいばつ
戦前の三大財閥の一つ。大阪を本拠とし、素材産業を中心に発展した総合財閥。発祥は16世紀末の蘇我理右衛門(そがりえもん)の銅吹き業にさかのぼるが、1690年(元禄3)に発見し翌91年に稼行に入った別子(べっし)銅山によってわが国産銅量の大半を占めるようになり、近世最大の産銅業者として栄え、かたわらその財力によって両替商も営み、諸家の蔵元(くらもと)、掛屋(かけや)、札差(ふださし)を兼ねた。しかし幕末・維新期には、別子銅山は生産が衰微し、諸貸付は回収不能となり、経営不振に悩んだ。さらに別子銅山が新政府に没収されかけたとき、住友家の大番頭広瀬宰平(さいへい)の交渉によって取り戻すことができた。広瀬は同山の近代化工事を進め、産出量を飛躍的に増加させることに成功し、住友のドル箱に復帰させた。明治期の住友は、統轄機構として1875年(明治8)に住友本店を設立し(1909年に住友総本店と改称)、別子銅山を基礎に事業を拡大したが、樟脳(しょうのう)製造、製茶、製糸、貿易、海運は発展に至らず撤退した。本格的多角化は、広瀬のあと住友本店総理事となった伊庭貞剛(いばさだたけ)以降のことで、銀行、伸銅、倉庫、鋳鋼、電線、肥料の各事業へ進出した。俗に、住友の多角化は関連分野への芋づる的進出の例とされる。反面、精錬量の増大と湿式製銅開始の結果、明治中期以降、別子銅山の精錬所から発生する煙害は深刻化し、地元住民の抗議行動が強まった。1905年(明治38)はるか沖合いにある四阪(しさか)島に精錬所を移転したが、根本的な解決にはならず、技術的解決に成功するまでの長い間、賠償金を支払い続けた。
 第一次世界大戦で巨利を得た住友は、他の財閥のように商社活動には進出していなかったため、戦後の反動恐慌による損失を免れ、1921年(大正10)個人経営の住友総本店を住友合資会社へ改組、以後、傘下事業の独立・株式会社化をいっそう進めるとともに、新たに信託、生命保険、海上保険、土地造成、ビル、電力などの事業に進出し、三井、三菱(みつびし)に次ぐ巨大財閥に成長した。住友の運営は、専門経営者である総理事および理事が掌握、徹底した集権制を敷き、番頭政治の典型として著名である。準戦時体制期から軍需の波にのり、住友金属工業を軸に大膨張を遂げた。1937年(昭和12)住友合資会社を株式会社住友本社に改組して持株会社化し、45年の敗戦時には直系、準直系、特殊関係会社合計24社を数えるに至った。[麻島昭一]
『宮本又次・作道洋太郎編著『住友の経営史的研究』(1979・実教出版) ▽作道洋太郎編著『住友財閥史』(教育社歴史新書) ▽作道洋太郎編『日本財閥経営史 住友財閥』(1982・日本経済新聞社) ▽麻島昭一著『戦間期住友財閥経営史』(1983・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すみとも‐ざいばつ【住友財閥】
三井・三菱とならぶ第二次世界大戦前の三大財閥の一つ。大阪を本拠とし、江戸初期から銅商を営んだが、元祿四年(一六九一)別子銅山を開き、江戸時代を通じて日本最大の銅鉱業経営体となる。明治維新後は関連諸産業に広く進出して、金融業を中心に一大コンツェルンを形成した。戦後の昭和二一年(一九四六)GHQの指令により解体したが、のち住友グループとして復活。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住友財閥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

住友財閥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation