@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

住宅ローン【ジュウタクローン】

デジタル大辞泉

じゅうたく‐ローン〔ヂユウタク‐〕【住宅ローン】
住宅の建設・購入・改良などのため、銀行信用金庫保険会社住宅金融専門会社などが行う資金貸付。通常、民間金融機関住宅金融をさすが、広義には、住宅金融支援機構などの公的なものを含める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

住宅ローン
公的融資と民間融資がある。公的融資とは、公的機関が行う住宅融資制度で、住宅金融公庫融資年金住宅融資財形住宅融資・各地方自治体による自治体融資などがあり、民間融資に比べ、建物条件や審査基準はきびしいが、低金利である。民間融資とは、銀行や信用金庫などの民間金融機関が行う銀行ローンなどを指す。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうたくろーん【住宅ローン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうたくローン【住宅ローン】
住宅・宅地の取得や住宅の建築のため、住宅を抵当として金融機関などが行う資金貸付。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

じゅうたくローン【住宅ローン】
住宅の取得や改良に使途を限定し、一般より長期・低金利で行う融資。利用者についての条件のほか、住宅の構造・種類・地域などによって融資条件が変わる。取扱機関は、住宅金融支援機構地方公共団体・銀行・信用金庫・生命保険会社など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

住宅ローン
じゅうたくろーん
housing loan
mortgage
home loan

一戸建てやマンションなどの住宅(宅地を含む)の購入資金や新築・増築・改築資金を調達するために金融機関から受ける融資のこと。住宅は個人の買い物として高額であるため、融資・返済期間は10年~30年超と、一般ローン商品より長期となるのが一般的である。民間金融機関にとって、融資期間が長期にわたる住宅ローンは、メーンバンク(主取引金融機関)として顧客を囲い込む効果が期待できることから、個人向けの代表的融資商品と位置づけられている。

 住宅ローンは、金利が借入れ時から一定期間変わらない固定金利型と、半年など一定期間ごとに変わる変動金利型に分けられる。一般に、借入れ時には保証料や取扱手数料がかかる。また、住宅ローンの借り主が死亡あるいは重病になった場合に元利金返済が免除されるなど、さまざまな保障内容の保険がある。なお、契約時に決めた返済額に加えてローンの一部を返済することを繰上げ返済とよび、手数料無料で繰上げ返済できる金融機関が増えている。

 日本の住宅ローン残高は2015年(平成27)3月末時点で184兆円に達している。住宅ローンの元利金の返済を受ける権利(債権)を裏づけに発行される証券を住宅ローン担保証券(RMBS:Residential Mortgage Backed Securities)とよび、世界で広く取引されている。サブプライムローンはアメリカの住宅ローンの一種で、サブプライムローン債権を組み込んだRMBSの信用低下が2008年のリーマン・ショックの引き金となった。

 住宅ローンは取り扱う金融機関によって、自治体や旧住宅金融公庫(現、住宅金融支援機構)などの公的ローンと、都市銀行や信用金庫などの民間ローンに分けられる。住宅ローンの普及は、国民の持ち家取得を促すという国の住宅政策に合致するため、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、所得税が軽減される住宅ローン減税制度がもうけられている。また、融資が長期にわたるために貸倒れリスクが大きいこともあり、日本では住宅金融公庫など公的ローン主導で住宅ローンが普及してきた経緯がある。しかし、公的金融が民業を圧迫しているとの批判を受け、2001年(平成13)、当時の小泉純一郎政権は住宅金融公庫による直接融資の段階的縮小を決定。2003年には住宅金融公庫にかわって、民間金融機関が最長35年間、固定金利で住宅取得資金を融資する新型住宅ローン(2004年12月から「フラット35」)が誕生し、2006年度には住宅金融公庫が直接個人へ融資する制度はなくなった。

[矢野 武 2016年9月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうたく‐ローン ヂュウタク‥【住宅ローン】
〘名〙 (ローンはloan) 銀行、保険会社などの金融機関や建築会社などが行なう、住宅の建築・購入や宅地購入のための資金貸付制度。また、その金。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

住宅ローン
じゅうたくローン
消費者信用」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住宅ローン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

住宅ローンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation