@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

住持【じゅうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

住持
じゅうじ
を管理する主。もともと中国禅宗の用語でその後,寺を管理するものの一般の職名となる。この点で住職に同じ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐じ〔ヂユウヂ〕【住持】
[名](スル)
一寺の主僧を務めること。また、その僧。住持職。住職。
仏の教えをかたく守ること。「仏法を住持する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうじ【住持】
仏教用語の一つ。世間にあって,仏法を保ち広める,またはその人。古くは,仏滅後の世界に,仏法僧の三宝を住持するものとして,仏像・経巻・出家比丘の三つを指していったが,後代は,一寺の主人として,人々を教化する僧を呼ぶ名となり,日本ではもっぱらこの意味に用いる。もともとインド教団では,一所不住をたてまえとするから,住持の名称はありえない。中国で唐代に寺院制度が確立すると,百丈懐海が清規(しんぎ)を制して,教団を管理し弟子を指導する有徳の長老を,住持と名づけたことより始まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

住持
じゅうじ

寺を統率する代表者。字義は、法を現実に住(とど)まらしめ保持し続ける意。中国唐初の仏教に革新的主張がおこり、新たに禅宗が形成されていくなかで、従来の律寺に別して禅院が独立し、さらに独自の規範(百丈清規(ひゃくじょうしんぎ))を創設するに至って、禅院で仏の精神を継ぎ法燈(ほうとう)を伝え持ち、法演を開き衆僧を教化するなど、大小の事いっさいを統率する最高責任者を住持とよんだことに始まる。そののちしだいに普及して仏寺一般の主人の呼称となり、住職ともよばれる。

[小坂機融]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐じ ヂュウヂ【住持】
〘名〙
① 世にとどまって教えをたもつこと。仏法をたもちまもること。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)二月丁酉「弟子相継皆守遺法。至今住持焉」 〔阿彌陀経疏〕
② 一寺の主僧となること。また、その僧。住職。
※三代格‐二・天平九年(737)三月一〇日「請出元興寺摂大乗論門徒一依常例持興福寺事」
※今昔(1120頃か)二九「其の寺の住持の法師に会て語ふ様」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住持」の用語解説はコトバンクが提供しています。

住持の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation