@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐々木氏【ささきうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佐々木氏
ささきうじ
宇多源氏を称する近江豪族。治承4 (1180) 年秀義が源頼朝挙兵に協力し,以後子孫が繁栄した。嫡流六角氏京極氏室町時代に活躍,京極氏は幕府侍所所司となる家格をもった。京極氏は江戸時代大名となる。京極氏の一族尼子氏出雲戦国大名として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ささきうじ【佐々木氏】
近江の古代・中世豪族。孝元天皇の皇子大彦命の子孫,狭々城山君をと伝える佐々貴山公氏(以下佐々貴氏と略称)は,沙沙貴神社を氏神とし,近江国蒲生郡を中心に栄え,奈良・平安時代には蒲生郡,神崎郡の大領などに就任した。一方,宇多天皇の皇子敦実親王の子の雅信は936年(承平6)源のを賜って臣籍に下り,その孫成頼は近江に土着して宇多源氏系佐々木氏の祖となり,孫の経方は蒲生郡佐々木荘小脇の館に住んだ。こうした佐々貴氏の北に接して宇多源氏系佐々木氏が土着し,両者同化も進んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐々木氏
ささきうじ
宇多源氏(うだげんじ)の流れをくむ近江(おうみ)の豪族。近江国蒲生(がもう)郡佐々木荘(ささきのしょう)(滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市)を領して佐々木氏を称した。秀義(ひでよし)のとき、平治(へいじ)の乱(1159)で源義朝(みなもとのよしとも)に属し、平氏に追われて一時相模国(さがみの)渋谷荘(しぶやのしょう)(神奈川県藤沢・大和(やまと)・綾瀬(あやせ)市近辺)に逃れた。1180年(治承4)源頼朝(よりとも)の挙兵に応じて平氏追討に功をたて、その子定綱(さだつな)は近江の守護に任じられた。またその後、定綱が石見(いわみ)・隠岐(おき)・長門(ながと)、定綱の弟経高(つねたか)が淡路(あわじ)・阿波(あわ)・土佐(とさ)の守護に任じられるなど、佐々木一族は一時各国の守護を兼ねた。承久(じょうきゅう)の乱(1221)ののち信綱(のぶつな)が家督を継ぎ、その三男泰綱(やすつな)の系統が佐々木氏の嫡流となり、六角(ろっかく)氏を称して鎌倉時代から戦国時代に至るまで、ほぼ一貫して近江の守護を代々継承した。応仁(おうにん)の乱(1467~77)ののち高頼(たかより)が将軍足利義尚(あしかがよしひさ)・義材(よしき)(義稙(よしたね))の追討を受けたが、その子定頼(さだより)は将軍義晴(よしはる)に仕え、管領(かんれい)に準ぜられた。1568年(永禄11)織田信長に攻められて敗れ、まもなく滅亡した。佐々木一族は鎌倉時代に多くの庶流を分出したが、なかでも泰綱の弟氏信(うじのぶ)の系統は京極(きょうごく)氏を称し、近江国の北部を基盤に勢力を伸長し、南北朝内乱初期には高氏(たかうじ)(導誉(どうよ))が一時近江の守護となった。その後、室町幕府の侍所所司(さむらいどころしょし)ともなり、四職(ししき)の一として六角氏をもしのぐほどの勢力となったが、応仁の乱ののち、一族の内訌(ないこう)や家臣の叛乱(はんらん)、六角氏との抗争などのためしだいに衰退し、浅井(あさい)氏に勢力を奪われた。その後、高次(たかつぐ)のとき織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉に仕えて京極氏を再興し、近世大名となった。[田代 脩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

佐々木氏
ささきし
中世,近江(滋賀県)の守護大名
近江の佐々木庄に住み佐々木氏を称した。源頼朝の挙兵を助け,そのにより定綱・高綱ら一族が近江など10数カ国の守護職を得た。定綱の子信綱は承久の乱で功をたてた。信綱の3男泰綱が惣領家の家督を継ぎ,六角氏となり,その弟氏信の流から京極氏がでた。六角・京極両氏は鎌倉末期から室町時代にかけて活躍した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐々木氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation