@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐久間ダム【さくまダム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佐久間ダム
さくまダム
佐久間湖」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さくま‐ダム【佐久間ダム】
静岡県浜松市と愛知県豊根(とよね)とにまたがる、天竜川中流のダム。昭和31年(1956)完成堤高156メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

佐久間ダム
愛知県北設楽郡豊根村/静岡県浜松市の天竜川水系天竜川に位置するダム。1956年竣工の重力式コンクリートダムで、総貯水量は326,850,000立方メートル。堤高は155.5メートル。戦後日本の土木技術原点ともされる大プロジェクトで、海外から大型機械を導入し、着工からわずか3年での完成を実現した。主に水力発電に利用される。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくまダム【佐久間ダム】
静岡県磐田郡佐久間町と愛知県北設楽郡豊根村の境を流れる天竜川中流部にある発電専用の重力ダム。電源開発株式会社によって1953年4月着工,56年10月完成された。高さ155.5mは重力ダムとしては日本第3位を誇る。堤頂長293.5m,堤体積112万m3,貯水池(佐久間湖)の湛水(たんすい)面積7.15km2,総貯水量は3.3億m3(日本第6位),有効貯水量2.1億m3。所属の佐久間発電所の最大出力は35万kW,50Hzと60Hzの周波数調整器があり,関東,関西両地域に送電できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐久間ダム
さくまだむ
静岡県浜松市天竜区(てんりゅうく)佐久間町佐久間(左岸)と愛知県北設楽(きたしたら)郡豊根村(とよねむら)(右岸)との間の天竜川をせき止めたダム。堤高155.5メートル、堤長293.5メートル、有効貯水量2億0544万立方メートル、湖水面積7.15平方キロメートルで、上流端は約33キロメートル上流の長野県下伊那(しもいな)郡天竜村平岡に達する。天竜東三河特定地域総合開発の一環として電源開発により建設され、3年4か月の工期で1956年(昭和31)完成。日本における大型土木機械の導入による工法や多目的ダム建設の出発となった。建設にあたって248世帯が水没し、飯田線の付替え工事も行われた。佐久間発電所は最大出力35万キロワットの発電能力をもつ。また当時の電力需要急増に対応するために周波数を50ヘルツと60ヘルツに変換できる周波数変換所を付置し、関東にも関西にも送電できるようになっている。下流に位置する浜松市天竜区龍山町(たつやまちょう)戸倉の秋葉ダムは佐久間ダムの水量調節機能をもつダムで、支流大入(おおにゅう)川に沿う愛知県豊根村の新豊根ダムは佐久間ダムの上池として揚水発電を行い、112.5万キロワットの最大出力をもつ。佐久間ダムは豊富な水量と曲流する峡谷部を立地条件として建設されたが、周辺山地の崩壊や上流からの土砂送流により堆砂(たいさ)量も多く貯水能力は減少している。そのため、堆砂排除施設の整備など、ダムの有効利用のための処理が行われている。3万2000キロワットの第二発電所も1982年建設された。JR飯田線中部天竜駅から2.5キロメートル。[北川光雄]
『日本人文科学会編『佐久間ダム――近代技術の社会的影響』(1958・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくま‐ダム【佐久間ダム】
(ダムはdam) 静岡県浜松市と愛知県豊根村にまたがる天龍川中流の重力式発電用ダム。堤高一五五・五メートル。有効貯水量約二億立方メートル。昭和三一年(一九五六)完成。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐久間ダム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐久間ダムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation