@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐佐木信綱【ささき のぶつな】

美術人名辞典

佐佐木信綱
歌人・国文学者。三重県生。歌人佐佐木弘綱長男幼少より父に歌学・国学を学び、のち高崎正風に就く。父の歿竹柏会を組織する。また歌学者・万葉学者としての業績も大きい。学士院会員。芸術員会員。文化勲章受章。昭和38年(1963)歿、92才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ささき‐のぶつな【佐佐木信綱】
[1872~1963]歌人・国文学者。三重の生まれ。弘綱の長男。「竹柏会」を主宰歌誌心の花」を刊行して多くの歌人を育成。また、万葉集の研究や和歌の史的研究などに業績を残した。文化勲章受章。歌集思草」、論文集歌学論叢」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

佐佐木信綱 ささき-のぶつな
1872-1963 明治-昭和時代の歌人,国文学者。
明治5年6月3日生まれ。佐々木弘綱の長男。高崎正風(まさかぜ)にまなぶ。明治31年竹柏(ちくはく)会を組織し「こゝろの華」(のち「心の花」)を創刊。研究者としても「日本歌学史」「和歌史の研究」,「校本万葉集」(共編)をのこす。昭和12年第1回文化勲章。昭和38年12月2日死去。91歳。三重県出身。帝国大学卒。号は竹柏園(なぎぞの)。歌集に「思草(おもいぐさ)」「山と水と」など。
【格言など】ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲(「新月」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ささきのぶつな【佐佐木信綱】
1872‐1963(明治5‐昭和38)
歌人,国文学者。三重県鈴鹿市に,歌人で国学者の弘綱の長男として生まれる。幼年より父の教えを受け,11歳で上京,東京大学古典科を卒業した。おりからの短歌革新運動の一翼を担い,1898年に雑誌《心の花》を創刊,主宰した。《思草》(1903),《新月》(1912),《豊旗雲》(1929),《山と水と》(1951)など12歌集があり,清新,端正な作風特色がある。1905年から26年間,東大講師として《万葉集》,和歌史を担当。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佐佐木信綱
ささきのぶつな
[生]明治5(1872).6.3. 三重,石薬師
[没]1963.12.2. 熱海
歌人,歌学者。 1882年国学者の父弘綱に伴われて上京,高崎正風に入門。 88年 16歳で東京大学古典講習科卒業。以後歌の研究と詠作に進み,父との共著『日本歌学全書』 (12巻,1890~91) を刊行。父の死後「竹柏会」を継承して歌誌『こころの華』 (のち『心の花』と改題) を主宰,落合直文のあさ香社とともに和歌革新に貢献したが,その特色は伝統的手法による穏健で地味な調和的作風にあった。『続日本歌学全書』 (12巻,97~1900) 刊行ののち,歌集『思草 (おもいぐさ) 』 (03) ,『新月』 (12) を経て『常盤木』 (22) にいたり万葉風のおおらかな抒情世界を確立,歌壇の第一人者となった。一方,1905年以来東京大学で『万葉集』,歌学史,和歌史を講じ,『歌学論叢』 (08) ,『近世和歌史』 (23) ,『国文秘籍解説』 (44) ,さらに橋本進吉,武田祐吉らの協力を得た『校本万葉集』 (25巻,24~25) などの著作を残した。『万葉集事典』 (56) は万葉研究の集大成である。芸術院会員。 37年第1回文化勲章受章。 51年文化功労者

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐佐木信綱
ささきのぶつな
(1872―1963)

歌人、国文学者。明治5年6月3日伊勢(いせ)国鈴鹿(すずか)郡石薬師村(三重県鈴鹿市石薬師町)に歌人・国学者弘綱(ひろつな)の長子として生まれた。1888年(明治21)16歳で東京帝国大学古典科卒業後、生涯民間にあって学者、歌人として世に重んじられた。学者としては歌学史、和歌史、歌謡史に新天地を拓(ひら)き、ことに『万葉集』は生涯の研究主題であり、近代における万葉学樹立はこの人によるところが多かった。研究は書誌的、文献的で、この方面の功績、編著も多く、武田祐吉(ゆうきち)、久松潜一らの協力を得た『校本万葉集』(1924~25)の完成は万葉研究に一時代を画した。また『万葉秘林』『南都秘笈(ひきゅう)』等30余種の古鈔本(こしょうほん)、古文書を自費で複製弘布(こうふ)した。また父弘綱と共編『日本歌学全書』12巻(1890~91)に続き、続12巻(1898~1900)を完成し、和歌文学のテキストを出版、学界に貢献した。

 歌人としては、明治の短歌革新に際し竹柏会(ちくはくかい)を組織し機関誌『心の花』を創刊した(1898)。信綱は晩年静岡県熱海(あたみ)西山に隠栖(いんせい)、昭和38年12月2日没に至るまで、国文学研究と作歌を続けた。歌風は古典の正格から新風に移り、主情的である。門下三千といわれ、石榑千亦(いしくれちまた)、木下利玄(りげん)、川田順、片山広子(松村みね子)ら俊秀を出した。歌集は『思草』(1903)以下数種、『佐佐木信綱歌集』(1956)に収める。1934年(昭和9)学士院会員、1937年芸術院会員、第1回文化勲章受章。著述二百数十種、また童謡『雀(すずめ)』、唱歌『夏は来ぬ』『勇敢なる水兵』など多く世に歌われた。

[伊藤嘉夫]

 ゆく秋の大和(やまと)の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲

『『佐佐木信綱歌集』『佐佐木信綱文集』(1956・竹柏会)』『佐佐木信綱著『作歌八十二年』(1959・毎日新聞社)』『『明治文学全集63 佐佐木信綱他集』(1967・筑摩書房)』『佐佐木幸綱著『佐佐木信綱』(1982・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ささき‐のぶつな【佐佐木信綱】
国文学者。歌人。東京帝大卒。三重県出身。佐々木弘綱の長男。もとは「佐々木」だったが、のち「佐佐木」と改めた。号は竹柏園。和歌の歴史的研究、万葉の基礎的研究に尽力。明治和歌革新運動を起こし竹柏会を設立。機関誌「心の花」を刊行した。門下に川田順、九条武子がいる。学士院・芸術院会員。文化勲章受章。著作「歌学論叢」「校本万葉集」、歌集「思草」「豊旗雲」。明治五~昭和三八年(一八七二‐一九六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

佐佐木信綱
ささきのぶつな
1872〜1963
明治〜昭和期の歌人・国文学者
号は竹柏園。三重県の生まれ。東大卒。歌風は温雅清新。竹柏会を設立し,『心の花』を機関誌として,和歌革新運動の中心となり,多くの門下を育成。また『万葉集の研究』『日本歌学史』などの文献学的研究にも多大の貢献をなした。1937年,第1回文化勲章受章。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐佐木信綱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐佐木信綱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation