@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐奈田義忠【さなだ よしただ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

佐奈田義忠 さなだ-よしただ
1156-1180 平安時代後期の武士。
保元(ほうげん)元年生まれ。岡崎義実(よしざね)の長男相模(さがみ)(神奈川県)大住郡真田を本拠とする。源頼朝挙兵に父とともにしたがう。石橋山の戦いで先陣をつとめ,治承(じしょう)4年8月23日長尾定景(さだかげ)に討たれた。頼朝は義忠のために証菩提(しょうぼだい)寺を創建した。25歳。通称(余)一。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐奈田義忠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐奈田義忠の関連情報

関連キーワード

源平の合戦保元大庭景親工藤茂光源重定清原頼業平忠正鳥羽天皇藤原頼長

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation