@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐敷(沖縄県)【さしき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐敷(沖縄県)
さしき

沖縄県島尻(しまじり)郡にあった旧町名(佐敷町(ちょう))。現在は南城市(なんじょうし)の北部を占める。旧佐敷町は1980年(昭和55)町制施行。2006年(平成18)玉城(たまぐすく)村、知念(ちねん)村、大里(おおざと)村と合併、市制施行して南城市となった。旧町域は沖縄本島南部の知念(ちねん)半島の北側、中城(なかぐすく)湾に面する地で、石灰岩に覆われた台地が半円状に馬天港(ばてんこう)を囲む。国道331号が湾岸低地中央部を走る。15世紀前期、当地から出た尚巴志(しょうはし)は馬天港によって中国、日本本土と貿易し、富強を図り、三山琉球(さんざんりゅうきゅう)を統一(1429)した。馬天港は、旧藩時代に山原船(やんばるせん)(木綿帆を掲げた帆船で交易船)の出入りしていた港でもあった。1947年に沖縄民政府が石川市(現、うるま市)から新里(しんざと)地区の高台に移り、約3年間政治の中心でもあった。現在、サトウキビ栽培を中心とする純農村。名所旧跡として、尚思紹(ししょう)・尚巴志の旧居城の佐敷上城跡(さしきうえぐすくあと)、佐敷ようどれといわれる尚巴志の父尚思紹の墓がある。

[堂前亮平]

『『佐敷村誌』(1964・佐敷村)』『『佐敷町史』(1984・佐敷町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐敷(沖縄県)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐敷(沖縄県)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation