@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐竹義敦【さたけ よしあつ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

佐竹義敦 さたけ-よしあつ
1748-1785 江戸時代中期の大名,画家。
寛延元年閏(うるう)10月4日生まれ。佐竹義明(よしはる)の長男。宝暦8年出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹家8代となる。危機に瀕した藩財政の再建につとめるかたわら,平賀源内をまねいて家臣小田野直武とともに西洋画をまなんだ。天明5年6月10日死去。38歳。初名は義直。号は曙山(しょざん)。著作に「画図理解」「画法綱領」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さたけよしあつ【佐竹義敦】
1748‐85(延1‐天明5)
江戸中期の秋田藩主,洋風画家。号は曙山。分家壱岐守家から父義明とともに佐竹宗家に入り,1758年(宝暦8)11歳で8代藩主となる。前代の銀札発行の失敗などが藩財政を圧迫し,加えて土崎湊久保田,江戸屋敷,久保田(秋田)城の火災等が財政難に拍車をかけた。一方,農村は無符人高が増大し,さらに83年(天明3)の飢饉荒廃の度を強めた。【国安 寛】 曙山は秋田蘭画の主要作家の一人であった。はじめ狩野派の絵をよくしたが,1773年(安永2)平賀源内が秋田藩を訪れて西洋画の知識を伝えたときから,家臣の小田野直武とともに洋風画に転向し,東洋画の主題に西洋画法を導入した作品を描いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

佐竹義敦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐竹義敦の関連情報

関連キーワード

ベルトレ大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation