@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

佐藤一斎【さとう いっさい】

美術人名辞典

佐藤一斎
幕末の儒者漢学者江戸生。文永の次子。名は信行・担、字は大道、別号に老吾軒。中井竹山・林簡順のに入り儒学を学ぶ。安政6年(1859)歿、88才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

佐藤一斎
岩村藩家老の佐藤信由を父に、江戸藩邸で生まれた。朱子学や陽明学に通じ、幕府の学問所「昌平黌」の儒官(現在の大学学長)を務めた。門人佐久間象山横井小楠渡辺崋山らがおり、象山の教えを吉田松陰や勝海舟、坂本龍馬が受けた。「言志四録」は、一斎が40代から80代にかけてした「言志録」「言志後録」「言志晩録」「言志耋(てつ)録」の総称。1133条あり、西郷隆盛抄本を手元に置いたという。講談社学術文庫から出版されている。
(2012-04-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

さとう‐いっさい【佐藤一斎】
[1772~1859]江戸後期の儒学者。江戸の人。名は中井竹山林述斎に学び、林家の塾長昌平坂学問所教授を歴任。門人から渡辺崋山佐久間象山中村正直らを出した。著「言志録」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

佐藤一斎 さとう-いっさい
1772-1859 江戸時代後期の儒者。
明和9年10月20日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)岩村藩家老佐藤文永の次男。藩主松平乗薀(のりもり)の子の林述斎(じゅっさい)とともにまなぶ。林家の塾頭をへて昌平黌(しょうへいこう)教授となる。朱子学と陽明学を折衷した学風で,門人に渡辺崋山(かざん),佐久間象山(しょうざん)らがいる。安政6年9月24日死去。88歳。名は信行,のち坦(たいら)。字(あざな)は大道。通称は幾久蔵,捨蔵。別号に愛日楼。著作に「言志四録」など。
【格言など】春風をもって人に接し,秋霜をもって自らつつしむ(「言志後録」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さとういっさい【佐藤一斎】
1772‐1859(安永1‐安政6)
江戸後期の儒者。名は坦,字は大道,通称は捨蔵。号は一斎のほか,愛日楼,老吾軒など。美濃岩村藩の家老職の家に生まれ,藩主の三男でのちの林述斎とともに儒学を学ぶ。また大坂の中井竹山にも学び,林家の門に入る。述斎が林家を継ぐとこれに師弟の礼をとり,1805年(文化2)には林家の塾長となって門生の教育に当たった。述斎没後の41年(天保12),幕府の儒官となり昌平黌で教えた。その学問は立場上表面は朱子学をとったが,陽明学の影響も強く受け,〈陽朱陰王〉と評された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佐藤一斎
さとういっさい
[生]安永1(1772).10. 江戸
[没]安政6(1859).9.24. 江戸
江戸時代後期の儒学者。名は坦,字は大道,通称は捨蔵。別号は愛日楼。父は美濃,岩村藩家老信由。中井竹山,皆川淇園,林述斎に学び,文化2 (1805) 年林家の塾長,文政6 (26) 年岩村藩儒官,天保 12 (41) 年江戸幕府儒官となった。官学にあったため,朱子学を講じながらも内実は陽明学に傾いており,陽朱陰王といわれた。門人に安積艮斎 (あさかごんさい) ,渡辺崋山,佐久間象山,中村正直,横井小楠らが輩出した。著書『愛日楼文詩』 (29) ,『言志四録』『初学課業次第』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐藤一斎
さとういっさい
(1772―1859)

幕末期儒学思想界の大御所。名は信行、のちに坦。通称は幾久蔵(きくぞう)、のちに捨蔵。字(あざな)は大道。号は一斎、愛日楼(あいじつろう)、老吾軒、百之寮、風自寮。美濃(みの)国(岐阜県)岩村藩家老の二男に生まれ、藩主松平乗蘊(まつだいらのりもり)(1716―1783)の三男、後の林述斎(じゅつさい)と兄弟のごとくして育った。34歳で林家の塾頭となり、70歳で昌平黌(しょうへいこう)の儒官となる。一斎は若いときから陽明学の信奉者であったが、寛政(かんせい)異学の禁の波及効果の一つとして、藩籍を離脱して大坂に出て、中井竹山(なかいちくざん)に朱子学を学んだ。しかし、のちに林家の塾頭になったときでさえも、公人としては朱子学を講じはしたものの、個人的信念としてはあくまでも陽明学の信奉者であった。「陽朱陰王」などと陰口をたたかれもしたが、「公朱私王」とでもいいうべきものである。朱子学・陽明学を兼採した一斎の宋明(そうみん)性理学に関する学殖は当代随一であった。一斎門では天下の俊秀と講学できることも大きな魅力であった。幕末期の文教政策・人材養成の点で果たした一斎の功績はきわめて大きいものがあった。主著に『言志(げんし)四録』『愛日楼文詩』(1829)などがある。

田公平 2016年5月19日]

『相良亨・溝口雄三他校注『日本思想大系46 佐藤一斎・大塩中斎』(1980・岩波書店)』『宮城公子編・訳『日本の名著27 大塩中斎・佐藤一斎』(1984・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

佐藤一斎 (さとういっさい)
生年月日:1772年10月20日
江戸時代後期の儒学者;林家塾頭;昌平坂学問所教官
1859年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さとう‐いっさい【佐藤一斎】
江戸後期の儒者。江戸の人。名は坦(たいら)、字(あざな)は大道、通称捨蔵。美濃岩村藩の家老の家に生まれ、中井竹山らに学び、陽明学に目を開かれる。後、林述斎に師事、林家の塾長に抜擢され、また、幕府儒官として昌平黌の教授となる。佐久間象山、大橋訥庵、安積艮斎らの俊秀を輩出。厳格端正な文章をよくし、朱子学と陽明学を併せ奉じた。著「愛日楼全集」「言志四録」「近思録」「周易欄外書」など。安永元~安政六年(一七七二‐一八五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

佐藤一斎
さとういっさい
1772〜1859
江戸後・末期の儒者
美濃(岐阜県)岩村藩士。中井竹山に師事し,林述斎の弟子となった。のち昌平坂学問所の儒官となり,立場上朱子学をとったが,陽明学の影響も濃い。門人に安積艮斎 (あさかごんさい) ・渡辺崋山・佐久間象山らを輩出。著書に『言志四録』『近思録』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤一斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐藤一斎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation