@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

体位ドレナージ(体位排たん)【たいいどれなーじたいいはいたん】

家庭医学館

たいいどれなーじたいいはいたん【体位ドレナージ(体位排たん)】
 体位ドレナージは、いろいろな体位をとることにより、重力を利用して水が低いところへ流れるように、少ないエネルギーで効率よく、たん喀出(かくしゅつ)をうながす方法です。
 慢性気管支炎や気管支拡張症など、たんの多い患者さんのリハビリテーション上、重要な治療法の1つです。
●体位ドレナージの方法
 あらかじめネブライザーで、たん溶解剤のエアゾル吸入を行ない、たんを喀出しやすくしておき、手元にたんコップを置いて喀出したたんを入れます。また、バイブレーターを準備しておきます。
 実際の練習方法を図「体位ドレナージの練習法」に示します。
 練習① 楽に座った姿勢で上体を前後および左右に傾けます。肺の上葉(じょうよう)の排たんをうながします。
 練習② ベッドの上に枕(まくら)なしで仰臥位(ぎょうがい)になります。上葉前部、中葉(ちゅうよう)の排たんをうながします。
 練習③ 枕なしで腹臥位(ふくがい)になります。上葉背部(じょうようはいぶ)、下葉(かよう)の排たんをうながします。
 練習④ 頭を枕にのせて左側臥位(さそくがい)をとります。左肩を軸にして上体を前後にゆすり、ついで右側臥位で同様の練習をします。上葉、下葉の側部の排たんをうながします。
 練習⑤ 頭を低くして仰臥位になります。中葉、下葉の排たんをうながします。
 練習⑥ うつぶせになり、膝(ひざ)を立てて、臀部(でんぶ)を持ち上げます。下葉の排たんをうながします。
●体位ドレナージを効率よくする補助手技
 体位ドレナージを効率よく行なうためには、ドレナージの際に胸壁(きょうへき)に適度な振動を与えることが重要です。これには、叩打法(こうだほう)(タッピング)と振動法(しんどうほう)(バイブレーション)があります。
 叩打は手のひらで、軽く、痛みを与えない程度にリズミカルに胸をたたきます。振動には、バイブレーター(市販の電気マッサージ器)を用いると便利です。
 叩打やバイブレーションは胸部のみに行ない、肩甲骨(けんこうこつ)や腹部は避けます。胸部の下部から上部に移動しながら、患者さんにゆっくり呼吸をさせながら振動を加えます。これを何度もくり返しながら、せきをさせて、たんを出しやすくします。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

体位ドレナージ(体位排たん)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

体位ドレナージ(体位排たん)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation