@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

体心立方格子【たいしんりっぽうこうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

体心立方格子
たいしんりっぽうこうし
body-centered cubic lattice
結晶の空間格子の1種で,立方体頂点と中心に同一の原子配置されたもの。単位胞の中の原子数は2個で,最近接原子数は8個である。バリウムリチウムモリブデン,α,β鉄,δ鉄などがこれに属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいしん‐りっぽうこうし〔‐リッパウカウシ〕【体心立方格子】
立方体の形をした単位格子の八つの頂点と中心が格子を作る点になっている空間格子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

体心立方格子
たいしんりっぽうこうし
body-centered cubic lattice

結晶構造の表現のために、空間格子をブラベ格子に従って分類する型の一つ。立方晶系における体心格子であり、格子定数にはabcαβγ=90゜の関係があり、立方体となる単位格子の体心に、もう一つの格子点が含まれている。

 原子配置が体心立方格子となる結晶構造が体心立方構造body-centered cubic structureで、略号bccがよく用いられる。アルカリ元素、アルカリ土類元素、鉄、クロムなどの遷移元素の金属単体結晶にこの構造をとるものが多い。半径一定の剛体球を体心立方構造となるよう詰め込んだ体心立方充填(じゅうてん)body-centered cubic packingがこれらの単体結晶構造のモデルとなるが、最密充填の充填率74.05%に比較すると、充填率は68.02%となり、ややすきまの大きくなった充填となる。

[岩本振武 2015年8月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいしんりっぽう‐こうし タイシンリッパウカウシ【体心立方格子】
〘名〙 結晶構造で各原子がそれぞれ八個の最隣接原子をもつような配置。すなわち立方体の中心と各頂点が格子点となるような構造で、アルカリ金属やα(アルファ)鉄の結晶にみられる。フランスの物理学者A=ブラベによる一四種のブラベ格子の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体心立方格子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

体心立方格子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation