@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

体鳴楽器【たいめいがっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

体鳴楽器
たいめいがっき
idiophone
ホルンボステル=ザックス楽器分類法の一分類用語。いわゆる打楽器のうちで太鼓類 (膜の張ってある楽器〈膜鳴楽器〉) を除いた全種類をさす。さらに奏法によって,打合される楽器 (カスタネットシンバル,拍子木,クラベス) ,打鳴らす楽器 (ゴング類,木琴類,類) ,踏鳴らす楽器 (,壺,スリット,ドラム) ,つき鳴らす楽器 (棒,筒) ,振鳴らす楽器 (ガラガラ類,シストルムマラカスアンコロン) ,すり鳴らす楽器 (グイロ,カバーサ,ささら,グラス・ハーモニカ) ,はじき鳴らす楽器 (口琴サンザ) に大別される。これらの楽器は太古から世界中に分布しており,シンバル類には,アラビアのカス,日本の銅拍子 (小型の銅 鈸〈どうばつ〉) ,ゴング類にはジャワのガムランの楽器,木琴類には,スマトラのドリドリ,ジャワのガンバン・カユ,タイのラナートビルマ (現ミャンマー) のパッタラ,アフリカのバルフォン,ムビラなどがある。今日の西洋音楽では,カスタネット,シンバル,タムタム,木琴,グロッケンシュピールなどがおもに使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいめい‐がっき〔‐ガクキ〕【体鳴楽器】
それ自体の振動によって音を発する楽器の総称。打つ、振る、こする、はじく、などさまざまな奏法のものがある。木琴カスタネットなど。→打楽器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいめいがっき【体鳴楽器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

体鳴楽器
たいめいがっき
idiophone 英語
idiophone フランス語
Idiophon ドイツ語

ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(MHS方式)で、膜や弦をもたず、楽器の物質そのものが固さと弾性とをもつことで音を出す楽器。奏法により、カスタネットなどの「打奏体鳴楽器」、サンザなどの「摘奏体鳴楽器」、グラス・ハーモニカなどの「擦奏(さっそう)体鳴楽器」、ピアノ・シャントゥールなどの「吹奏体鳴楽器」に下位分類される。

[前川陽郁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいめい‐がっき ‥ガクキ【体鳴楽器】
〘名〙 楽器の分類の一つ。打楽器のうち、膜や弦が発音体でなく、その楽器の本体の振動によって音を発するもの。カスタネット、ベルなど。
※ニューギニア高地人(1964)〈本多勝一〉ホモ・ルーデンス「最近の分類法で言えば体鳴楽器に類するものがある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体鳴楽器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

体鳴楽器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation