@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

何故【ナゼ】

デジタル大辞泉

なぜ【何故】
[副]理由・原因などを問うのに用いる。どうして。なにゆえ。どういうわけで。「空は何故青いの」「何故怒られたのかわからない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なに‐ゆえ〔‐ゆゑ〕【何故】
[副]どうして。どういうわけで。なぜ。「何故そう思うのか」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なぜ【何故】
〘副〙 理由、原因などを問うのに用いる。どういうわけで。なにゆえ。どうして。
※おあむ物語(1661‐73頃)「石火矢を打つ時は、城の近所を触廻りて、おじゃった。それはなぜなりや」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉二「まへの猿来りて、『あなたは、なぜあの柿を取らないか』とたづねたり」
[語誌](1)「万葉集」にも多く見られる「なにせむに(何‐せむ‐に)」からの変化で、ナニセムニ→ナンゼンニ→ナゼンニ→ナゼニ→ナゼとなった。ナンゼンニの形は文献には見あたらないが、仮名で「なせんに」とあるものはナンゼンニの第二音節の撥音ンの無表記と考えられる。
(2)意味の面では、ナニセムニは奈良時代には、「何になろうか。いや何にも役立たない」という反語的意味と、「どういう目的でするのか」「なぜ…するのか」という目的・理由の問いただしの二つの用法があったが、ナゼンニ・ナゼンニカの段階ではすでに理由の問いただしに限定されているようである。
(3)ナゼニからナゼへの変化は、江戸時代になって末尾の「に」が、「すぐ‐に」「あまり‐に」「じき‐に」などの「に」と同じく付いても付かなくてもよい助詞と誤解されたためと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なに‐ゆえ ‥ゆゑ【何故】
〘副〙 理由の不明・不定なさまを表わす語。どうして。なぜ。どのようなわけで。なにゆえに。
※万葉(8C後)一二・二九七七「何故(なにゆゑ)か思はずあらむ紐の緒の心に入りて恋しきものを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なんぜ【何故】
〘副〙 「なぜ(何故)」を強めたいい方。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「『イヤなんにもしませぬ』『せんものが、なんぜ(何条)女ひとりおる内へはいらっせへた』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

何故」の用語解説はコトバンクが提供しています。

何故の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation