@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

余事【ヨジ】

デジタル大辞泉

よ‐じ【余事】
本筋以外の事柄。他事。「余事には全く関知しない」
本業以外に余力や余暇でする仕事。
「職業を以て本文となし、…芸文を以て―となせり」〈中村訳・西国立志編

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あまり‐ごと【余事】
〘名〙
① 余分なこと。行き過ぎたこと。
※今昔(1120頃か)五「象許(ばかり)に乗て糸(いと)善かりつるを、師子(しし)に乗るが余り事にて有る也」
② 過分なこと。あまりに都合のいいこと。
※枕(10C終)八七「昨日の夕ぐれまで侍りしは、いとかしこしとなん思う給ふる。今日まではあまりことになん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐じ【余事】
〘名〙
① ほかのこと。そのこと以外の事。他事。
※前田本水鏡(12C後)中「極楽に生事いと難く覚え然ば、偏に余事を捨て、物云事を留て」
※煤煙(1909)〈森田草平〉二六「隅江と同じ事を憂ひ同じ事を喜んで、一切の余事を忘れることが出来た」
② 余力でする事。余暇にする仕事。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「職業を以て本分となし、これに由て生計を做んことを欲す。故に芸文を以て余事となせり」 〔漢書‐叙伝・上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

余事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

余事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation