@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

余延年【よ えんねん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

余延年 よ-えんねん
1746-1819 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
延享3年生まれ。京都で高芙蓉にまなぶ。名古屋,桑名,彦根,神戸(かんべ)などの諸侯公印をつくった。また増山雪斎に絵画をまなび,墨蘭を得意とした。大高(おおたか)焼の創始者とされる。文政2年4月19日死去。74歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。は山口。字(あざな)は千秋。通称は九郎左衛門。号は墨山。著作に「風塵随筆」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

余延年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

余延年の関連情報

関連キーワード

橋本宗吉フェリペベニョフスキー穴井六郎右衛門菅原伝授手習鑑カルル・フリードリヒコリンズ児童文学円遵向山周慶

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation