@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

余情【ヨジョウ】

デジタル大辞泉

よ‐じょう〔‐ジヤウ〕【余情】
あとまで残っている、印象深いしみじみとした味わい。よせい。「旅の余情にひたる」
詩歌などで、表現の外に感じられる。特に、和歌連歌俳諧などで尊重された。よせい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐せい【余情】
[名・形動ナリ]
よじょう(余情)」に同じ。
「勅使は花の都人、もてなしに―うすし」〈浄・本朝三国志〉
同情のおこぼれ。また、わずかな謝礼。
「わづかな弟子衆の―や、わが身の働きで」〈浄・河原達引
《「僭上(せんじょう)」を「せじょう」と略し、同音の「世情」の字を当て、それをさらに湯桶(ゆとう)読みをしたものの当て字という》体裁を飾ること。みえを張ること。また、そのさま。
「―なる商ひばなし」〈浮・諸艶大鑑・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よじょう【余情】
近世までの読み癖では〈よせい〉。言語表現などにおのずからなごりとしてただよう芸術的香気や情趣。〈余韻〉などともいう。すでに中国詩論に用例を見るが,日本でも,〈其情有余〉(《古今集》真名序),〈詞標一片,義籠万端〉(壬生忠岑《和歌体十種》余情体),〈あまりの心さへあるなり〉(藤原公任《和歌九品》上品上)など,歌体の一つまたは最高の歌の条件とされ,歌論などで重視されている。平安時代,すでに〈余情幽玄体〉(藤原宗忠《作文大体》)という言葉も見えるが,〈なにとなく艶にも幽玄にもきこゆる〉(《慈鎮和尚自歌合》跋)など藤原俊成により自覚された幽玄理念や,〈余情妖艶体〉(《近代秀歌》)などという定家の和歌理念も,余情表現を本性としている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

よせい【余情】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よじょう【余情】
よせいとも
物事のあとにも、心に残って消えない情緒。言外の情趣。
表現に直接は表されず、その背後に感じられる気分・情調。特に、和歌・連歌・俳諧などで尊重した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よせい【余情】
せいは漢音
余情よじように同じ。
同情のおこぼれ。余り。 僅かな弟子衆の-やわが身の働きでこの養生がなるものかと/浄瑠璃・近頃河原達引
外見を飾ること。見えをはること。 いたづらなる-、大人もはづかしく/浮世草子・一代男 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

余情
よじょう
「よせい」「あまりの心」ともいう。言外の情趣。『古今(こきん)集』序では表現と内容との間の不調和と考えられているが、壬生忠岑(みぶのただみね)の『和歌体十種(わかのていじっしゅ)』の「余情体」を経て藤原公任(きんとう)(966―1041)の『九品和歌(くほんわか)』に至り、完成された表現のもつ一属性としてとらえられる。平安末期、詩的言語についての自覚が高まり、ことばの映像や情調を意図的に重層させる手法が現れ、新古今歌風の母胎となるが、その特色を藤原俊成(しゅんぜい)(1114―1204)は「あまりの心」、藤原定家(ていか)(1162―1241)は「余情妖艶(ようえん)」とよんでいる。その後この系統の余情は、定家偽書の『三五記(さんごき)』などを経て正徹(しょうてつ)(1381―1459)、心敬(しんけい)(1406―75)に至り、最高の歌体である「幽玄体」の特色とされた。すなわち「言い残して理(ことわり)なき」表現のもつ効果であるが、一方、二条為世(ためよ)(1251―1338)は逆に平明な表現のなかに、また冷泉(れいぜい)派の今川了俊(りょうしゅん)(1326?―1420?)もありのままの描写すなわち「見様体(けんようのてい)」において、それぞれ深い感情や情調の流露することを余情とみている。その後二条派が歌壇主流となるにしたがい、為世風の説が一般的となった。[田中 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よ‐じょう ‥ジャウ【余情】
〘名〙 物事が終わったあとも、心から消えないその味わい。また、言語芸術などで、直接に表現されず、言外にただよう豊かな情趣。特に、平安初期以来、和歌・連歌・俳諧などで尊重される理念をいう。余韻。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)一「外見も粧もなきにより、却てその情濃やかにて、かかる閑清の所こそ余情(ヨジャウ)も深ければ」
[語誌]→「よせい(余情)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐せい【余情】
〘名〙 (「せい」は「情」の漢音)
※忠岑十体(11C初頃か)「余情体 〈略〉是体、詞標一片義籠万端
※評判記・色道大鏡(1678)二「盃のうけわたしさへしほらしきに、しかも恋の余情(ヨセイ)こもれり」
② 同情のあまり。同情のおこぼれ。転じて、わずかな謝礼。
※浄瑠璃・近頃河原達引(おしゅん伝兵衛)(1785)中「わしが此ながながのびゃうきも〈略〉わづかな弟子しゅのよせいや、わがみのはたらきで、このやうじゃうがなる物かと、思へばくすりもどくとなり」
③ (形動) (「せんじょう(僭上)」を「せじょう」と略して「世情」とあて字をし、それを湯桶読みにしたものという(随・嬉遊笑覧(1830))) 体裁をかざること。みえをはること。おごりたかぶること。また、そのさま。僭上。
※仮名草子・犬枕(1606頃)「よせいの雑談」
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)六「声高に余情(ヨセイ)の過をはなしちらして打通る」
④ (形動) 勢いのよいこと。景気のよいこと。はなやかなこと。また、そのさま。
※評判記・吉原讚嘲記時之大鞁(1667か)かるも「さみせんのひきやうに、かるもがはねばちとて、よせいに、だてなるひきやうあり」
[語誌](1)歌論用語としては、古くは、①の挙例の壬生忠岑「忠岑十体」までさかのぼる。そこでは、詩的表現の本来的特質として認識されている。次いで、藤原公任の「和歌九品」では最高位・上品上の和歌には「詞妙にして余り心さへある也」の評価がある。
(2)「余情」を詩的表現機能として真に自覚して実践した藤原俊成は、韻律やイメージ効果による複雑微妙な情調世界を和歌表現の本質として、本歌取りや体言止めなどの技法によって構成される余情美の種々相を「艷」「あはれ」「幽玄」などと称した。
(3)俳諧においては、「和歌には余情といひ、俳諧にはにほひといふ」〔俳諧・十論為弁抄‐九〕とあるように、「にほひ」に繋がっていく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

余情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

余情の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation