@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

余波【ナゴリ】

デジタル大辞泉

なごり【余波】
《「なみのこり」の音変化》
波が打ち寄せたあと、渚のあちこちに残っている海水や海藻など。
「難波潟(なにはがた)潮干の―よく見てむ家なる妹が待ち問はむため」〈・九七六〉
強風の吹きやんだあとでもまだその影響が残っている波。なごろ。
「風しも吹けば、―しも立てれば」〈催馬楽・の国〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なごろ【余波】
《「なごり」の音変化》「なごり(余波)2」に同じ。
「手もたゆく浦つたひしてこぐ舟は沖の―を怖づるなるべし」〈堀河百首

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐は【余波】
波の立つ原因が去ったあとも残っている波。「台風の余波
ある事柄が周囲のものに影響を及ぼすこと。また、その影響。とばっちり。「列車事故の余波で観光客が激減する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よ‐は【余波】
〘名〙
① 風が吹いたり船が通ったりしてひとしきり波立ったあとに残った波。また、主な流れの外の流れ。なごり。
※和漢朗詠(1018頃)上「外物の独り醒めたるは松澗の色 余波の合力するは錦江の声〈大江以言〉」 〔書経‐禹貢〕
② ある事が過ぎ去ってしまったあとに残る気持。また、別れを惜しむ気持。なごり。
※吾妻鏡‐建保元年(1213)四月一五日「漸催発心。今夕已欲素懐。存年来余波御所
③ ある事柄が終わったあとも、なおおよぼす影響。現代ではおもに良くないことについていう。余勢。とばしり。なごり。
※本朝文粋(1060頃)一一・女一宮御著袴翌日宴和歌序〈藤原斉信〉「皇流是遺。余波相伝」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録五「邪蘇祭典(くりすます)の前は世人の繁忙なるを以て、自づから其余波(ヨハ)僕が如き隠遁者に及べりと」 〔顔延之‐陶徴士誄序〕
④ 残りの命のたとえ。
※江都督納言願文集(平安後)六・美濃前司知房願文「論余波於流年、電謝於尺矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

余波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

余波の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation