@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

作人【さくにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

作人
さくにん
荘園制のもとで田畑を耕作した農民名主の下に位し,名田を直接請作 (うけさく) する農民をいう場合もあり,さらにその下にほかの農民を使役している場合もあった。前者の場合は,農民に隷属する下人所従などが田地への土着化によって作人となるものと考えられ,後者の場合は,実態において名主と同様な性格をもつものと考えられる。 (→田堵 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さく‐にん【作人】
田畑を耕作する人。
器物・甲冑(かっちゅう)などの製作者。「仏像の作人
荘園農民の階層の一。荘園領主または名主(みょうしゅ)から名田を請けて耕作する者で、作人自身が名主である場合もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくにん【作人】
10世紀初期ごろ以後,国衙領・荘園の田畠請作(うけさく)し,官物地子を負担したものを作人と称した。彼らの請作権を作手(つくて∥さくて)という。作人といっても必ずしも直接耕作者ではなく,平安時代の作人はおおむね田堵(たと)と称せられた地主的有力者であった。例えば11世紀末期の東寺領伊勢国川合荘の作人荒木延能は,大神宮権禰宜で従五位上の位階を有し,吉友・諸枝らの従者を従える田堵であった。田堵の請作関係は,平安末期ごろには名田(みようでん)制に発展するが,その下で名主もまた荘園領主の立場からは作人であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さくにん【作人】
田畑を耕作する人。農人。
荘園領主から土地をあてがわれ、これを耕作する者。田堵たと
器物などを製作する人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

作人
さくにん
中世において土地を耕作する人。10世紀末以降、荘園(しょうえん)・国衙(こくが)領(公領)においてみられる。領主側からみれば、田畠を耕作する農民はすべて作人であるので、史料上にみられる作人は、有力名主(みょうしゅ)層から下層のものまで含み、その階層を一律にきめつけることはできず、不明な点が多い。研究上の用語としては、作人は名主層よりもやや下層で、自己の所有地のみでは自活できず、他の有力名主層の土地あるいは領主直属地を請作(うけさく)している農民層をさすのが一般的である。ただ、その場合も、特定の名主層に隷属しているのではなくて、請作関係は、自由契約的で流動的であったとみられている。作職(さくしき)・作手などとあわせて考えられるべきであるが、その点もまだ十分には解明されていない。なお、作人すなわち直接生産者とは限らない。[中野栄夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さく‐にん【作人】
〘名〙
① 田畑を耕作する人。農夫。百姓。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 平安時代以後、荘園領主から土地の宛行(あてがい)をうけてこれを請作(うけさく)した者。平安時代には田堵(たと)ともいった。また、この土地について生じた耕作権である作手(さくて)、作人職(さくにんしき)などの所有者をいう。この作手所有者は必ずしも直接耕作者には限られず、職権だけを保有する地主的な性格の者も少なくなく、彼らは名主(みょうしゅ)となった。中世にはこの名主の下にあって小作する実際の耕作農民が作人の標準的な形であった。→作人職
※尊勝院文書‐長和三年(1014)二月一九日・筑前国符案「或勘益本田、加公田、雑役触事差煩、因之微力作人、不公責、不本寺役、悉以迯亡」
③ 物を製作する人。工芸品などをつくる人。つくりて。製作者。〔東京夢華録‐巻二・東角楼街巷〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つくり‐びと【作人】
〘名〙
① 田畑を耕作して、農作物をつくる人。百姓。農夫。さくにん。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「農夫(ツクリヒト)の終日に作りて一日の価を獲」
② その物を作った人。つくりて。作者。作主。さくにん。
※枕(10C終)一九五「物がたりなどこそ悪しう書きなしつればいふかひなく、つくり人さへいとほしけれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

作人
さくにん
荘園制下における農民の一階層
鎌倉時代の荘民には,名田 (みようでん) の所有者である名主層のほかに「百姓」と呼ばれる小農民がいた。これが作人で,荘園領主・名主から耕地をあてがわれ請作 (うけさく) した。しかし単なる小作人ではなく,自己の下に下作人 (げさくにん) と呼ぶ耕作者を隷属させている場合もあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation