@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

作山古墳【ツクリヤマコフン】

デジタル大辞泉

つくりやま‐こふん【作山古墳】
岡山県総社市にある前方後円墳。全長約270メートルで、吉備(きび)地方で2番目の規模。5世紀ごろの築造。さくざんこふん。→造山(つくりやま)古墳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくりやまこふん【作山古墳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

作山古墳
つくりやまこふん
作山は人工の山の意で、大規模な前方後円墳が多い。[今井 尭]

三須作山古墳

岡山県総社(そうじゃ)市三須(みす)にある。突出した丘陵を切ってつくられた全長286メートルの前方後円墳。後円部径170メートル、高さ16メートル、前方部幅160メートル、高さ10メートル、くびれ部の前方部寄り両側に造り出しがある。葺石(ふきいし)、形象埴輪(はにわ)、3段の円筒埴輪列があり、円筒埴輪には窖窯(あながま)で焼かれたものも混在する。未掘であるが、5世紀中葉。1921年(大正10)国史跡に指定。1983年(昭和58)周廷帯を確認。[今井 尭]

加悦作山古墳

京都府与謝(よさ)郡与謝野(よさの)町明石(あけし)(旧加悦(かや)町地区)にある。全長35メートルの帆立貝(ほたてがい)形前方後円墳。家形・器財・円筒埴輪がある。後円部中央に花崗岩(かこうがん)製組合せ式石棺が置かれ、成人男性が埋葬されていた。棺内頭部から鏡、石釧(いしくしろ)、玉類が、脚部外方の副室から剣、刀子(とうす)、斧(おの)(やりがんな)、鎌(かま)が出土した。5世紀前半。1930年(昭和5)国史跡に指定。蛭子山(えびすやま)古墳(全長145.4メートル)に近接する。[今井 尭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作山古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作山古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation