@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

作東【さくとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

作東
さくとう
岡山県北東部,美作市東部の旧町域。吉備高原東部に位置し,吉井川支流の吉野川,山家川流域に広がる。 1953年江見町,土居町の2町と福山村,粟井村,吉野村の3村が合体して作東町が成立。 2005年勝田町,大原町,東粟倉村,美作町,英田町と合体して美作市となった。吉野川の谷底平野にあり,東部の土居は近世出雲街道の宿場町。江見は吉野川流域の物資集散地として発達。周辺では米,野菜,タバコなどを産し,酪農,養豚,林業も行なわれる。あじさい寺として知られる古刹大聖寺がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

作東
さくとう
岡山県東部、英田郡(あいだぐん)にあった旧町名(作東町(ちょう))。現在は美作市(みまさかし)の東部を占める地域。兵庫県に接する。旧作東町は、1953年(昭和28)江見町(1934年町制)と土居(どい)町(1949年町制)、および粟井(あわい)、吉野、福山の3村が合併して成立。美作国の東の意で町名を作東町とした。2005年(平成17)勝田(かつた)郡の勝田町、英田郡の大原、美作、英田の3町および東粟倉(ひがしあわくら)村と合併して市制施行、美作市となった。吉井川支流の吉野川上流にある。中心集落の江見は旧出雲(いずも)往来(国道179号)の宿場町。地域の中央部を国道179号、JR姫新(きしん)線、中国自動車道が東西に走り、北部を国道429号が通る。谷底では水田耕作、高原上は畑作、果樹作、酪農、林業が行われる。[由比浜省吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作東」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作東の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation