@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

作業【サギョウ】

デジタル大辞泉

さ‐ぎょう〔‐ゲフ〕【作業】
[名](スル)仕事。また、仕事をすること。特に、一定の目的と計画のもとに、身体または知能を使ってする仕事。「修復作業にとりかかる」「徹夜で作業する」「作業能率」「農作業

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さぎょう【作業】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さぎょう【作業】
( 名 ) スル
仕事。主として肉体労働を伴う仕事にいう。 「農-」 「単純-」 「 -員」 「 -服」 「 -場」
肉体あるいは精神を通して、ある具体的な結果を生み出すこと。 「 -効率」
行為。所行。 「サントスの御-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐ぎょう ‥ゲフ【作業】
〘名〙
① 体や頭脳を使って仕事をすること。また、その仕事。さくぎょう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一五「さはいへど今の傾国は作業(サゲウ)にいとまあらねば、其こころざしまで至らず」
邪宗門(1909)〈北原白秋〉魔睡・濁江の空「伝へくる潜水夫(もぐりのひと)が作業にか」
② 工作の事業。
※商法(明治三二年)(1899)二六四条「作業又は労務の請負」
③ 刑務所で、囚人に科する科役(かえき)。強制作業と請願作業の二種がある。
監獄法(明治四一年)(1908)二七条「作業の収入は総て国庫の所得とす」
キリシタン文学で、「行為」、「生涯」をいう。
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)四「御ははさんたまりやのろざいろと申は、ぱあてるのすてる十五くん、あべまりや五十くんなり。これを御あるじでうすの御さげうにあてがひ奉り」
⑤ ある目的を実現するために行なわれる身心の活動。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐ごう ‥ゴフ【作業】
〘名〙 (「ごう」は「業」の呉音) 仏語。
① 行為。また、行なうこと。
※梵舜本沙石集(1283)二「血を出す事は同じけれども、報を得る事は異也。善悪の意趣に寄るべし。作業(さごう)定りなし」 〔和英語林集成(初版)(1867)〕 〔北本涅槃経‐二二〕
② 浄土教で、信心をいう安心、念仏をいう起行に対し、その念仏の仕方、いわゆる四修、すなわち長時修・無間修・恭敬修(くぎょうしゅ)・無余修をいう。〔往生礼讚偈‐序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作業の関連情報

他サービスで検索

「作業」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation