@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

作用心理学【さようしんりがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

作用心理学
さようしんりがく
act psychology
F.ブレンターノによって主張された心理学上の立場で,意識内容よりも意識作用をおもな研究対象とする心理学。もちろん,見る,聞く,判断するといった作用は,それと並行して常に意識内容を含んでいる (意識の志向性 ) が,ブレンターノによれば,意識内容を研究するのは現象学であって,意識作用を研究する心理学とは区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さようしんりがく【作用心理学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

作用心理学
さようしんりがく
Aktpsychologie ドイツ語

ブレンターノが主張した心理学で、アリストテレスおよびスコラ哲学の影響がみられる。心理現象を内容と作用に分け、内容を研究するのが現象学で、作用を研究するのが心理学であるという。心的作用を表象(知覚)、判断(評価)、情緒(愛憎)の三つに分ける。たとえば、音楽を聞く場合、聞く働きは作用であり、聞かれる音はその内容である。作用は単独では存在せず、その作用の向けられるべき内容(対象)を含んでいる。したがって、意識には志向性があり、対象は志向的に内在すると考える。彼の現象学は弟子のフッサールによってさらに深く追究され、彼の心理学は弟子のシュトゥンプの機能心理学Funktionspsychologieに受け継がれた。

[宇津木保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作用心理学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作用心理学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation