@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

併合罪【へいごうざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

併合罪
へいごうざい
同一人が犯したまだ確定裁判を経ない数個の罪 (刑法 45前段) 。観念的競合 (1個の行為が数個の罪名に触れる場合,54条1項前段) と対比される。現行法は併合罪の処理方法として,原則として加重単一主義をとり (47条) ,例外的に吸収主義 (46条) と併主義 (48,53条) とを認める。同時審判の可能性のあった数罪中に一部確定裁判を経たものと,そうでないものとがあるとき,あとの余罪についてはさらに別に処断し,この結果併合罪につき2個以上の裁判があるときはその刑を併合して執行する (51条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいごう‐ざい〔ヘイガフ‐〕【併合罪】
同一人が犯したもので確定裁判を経ていない数個の罪、および、ある罪に関して確定裁判を経ている罪とその裁判確定以前に犯した罪で、同時に審判される可能性のあるもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいごうざい【併合罪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

併合罪
へいごうざい

おおむね確定裁判を経ない数罪のうち、本来的一罪や科刑上の一罪でない複数の犯罪で、同時審判の可能性がある場合である。この可能性のない数罪は単純数罪にすぎない。併合罪は、ある人が数罪を犯した場合、各罪ごとに別々に刑を適用するのではなく、これらの罪のうち、同時審判の可能性があるとき、またはあったときには、これらに対し一括して刑を適用することが合理的である、という考え方に基づく。そこで、刑法第45条は確定裁判を経ない数罪を併合罪とするほか、ある罪につき禁錮以上の刑に処する確定裁判があった場合、ただその罪と、その裁判の確定前に犯した罪とを併合罪と規定している。併合罪の処断の仕方には、もっとも重い罪の刑を科す吸収主義、もっとも重い罪の刑に一定の加重を施す加重主義、各罪ごとに刑を定めこれを併科する併科主義の3種がある。わが国の刑法は加重主義を原則とし、吸収主義と併科主義を補充的に採用している。

[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいごう‐ざい ヘイガフ‥【併合罪】
〘名〙 同一人の犯した数個の犯罪で、まだ確定裁判を受けていないもの。刑法が、科刑をする場合の基準を定めている。〔刑法(明治四〇年)(1907)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

併合罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

併合罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation