@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

使役【シエキ】

デジタル大辞泉

し‐えき【使役】
[名](スル)
人を使って何かをさせること。働かせること。「牛馬のごとく使役する」
文法で、ある行為を他人に行わせることを表す言い方。動詞に、文語では助動詞「」「さす」「しむ」など、口語では助動詞せる」「させる」「しめる」などを付けて言い表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つかいやく【使役】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しえき【使役】
スル
働かせること。人に仕事をさせること。 侍女を養ひ僮僕を-し/福翁百話 諭吉
文法で、他のものに何か動作をさせる意を表す言い方。口語では助動詞「せる」「させる」「しめる」、文語では「す」「さす」「しむ」を付けて言い表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐えき【使役】
〘名〙
① (━する) 人をつかって仕事をさせること。人に命じて職務につかせること。働かせること。
※史記抄(1477)一〇「使役であるほどに、呉から使役に出て還て其役を反するぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「少年を勧励し、工事の使役に供するに足らしめ」 〔管子‐小匡〕
② 軍隊で、勤務や訓練以外に臨時の仕事で兵隊を使うこと。また、その労働。
※真空地帯(1952)〈野間宏〉一「昼前、勤務と使役(シエキ)に出ていた兵隊たちがかえってくると」
③ 文法で、他人にその動作を行なわせることを示す語法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかい‐やく つかひ‥【使役】
〘名〙
※別所長治記(1580‐92頃)「大将秀吉。〈略〉次宿老。次使役〈廿八人〉」
② 徳川幕府の職名。使番②の旧称。
※吏徴(1845)別録「延宝三年乙卯正月廿六日御使役を御使番と改む」
③ 使者の役目。
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「風俗を使(ツカヒ)やくの女に作り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

使役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation