@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

使者【シシャ】

デジタル大辞泉

し‐しゃ【使者】
命令や依頼を受けて使いをする人。使いの者。「使者を派遣する」「使者に立つ」
これから先にくる物事を予感させる人や物。先触れ。「冬の使者ハクチョウ」
法律上、他人の決定した法律行為を単に伝達する。自ら意思決定をする代理人と区別される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ししゃ【使者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ししゃ【使者】
命令や依頼を受けて使いに行く人。 急ぎの-を立てる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐しゃ【使者】
〘名〙
① 人からの命令や依頼を受けて使いをする人。つかいのもの。つかい。
※田氏家集(892頃)中・傷肥州清太守「銅府膩手七旬余、如星馳使者車」
※高野本平家(13C前)一「入道相国、祇王がもとへししゃをたてて」 〔周礼‐秋官・小行人〕
② 神仏の使役する人や鳥獣。神仏の使。仕者。つかわしめ。
※謡曲・嵐山(1520頃)「普賢文殊の召されたる、猿と獅子とは御使者のもの」
③ 特に、法律上、他人の決定した意思表示の内容を他に伝達する者をいう。他人のために自ら意思を決定し表示する「代理人」と異なる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかい‐もの つかひ‥【使者】
〘名〙 使用人。下男や下女。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「つかいものの小玉と云女を高声に呼て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかわれ‐もの つかはれ‥【使者】
〘名〙 神仏、その他貴人などから使役される者。
※俳諧・紅梅千句(1655)一〇「底だめみれど鳥目はなし〈正章〉 殊外つかはれものの無興づら〈政信〉」
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)四「女こたへて申けるは、我はこれ、巨旦大王のつかはれもの也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

使者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation