@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

侍講【じこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

侍講
じこう
主君に仕えて儒書その他を講義して君徳を養うこと,またはそれを役目とする名。奈良時代から天皇に侍講,皇太子親王侍読 (じとう,じどく) をつけたが,明治天皇若年で即位すると官職として侍講がおかれ,秋月種樹松平春嶽,大原重徳その他が任命され,1877年侍講局ができた。 86年廃止。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐こう〔‐カウ〕【侍講】
君主に対して学問を講じること。また、その人。侍読。
明治時代、天皇・東宮和漢洋の書を講じた職。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐こう ‥カウ【侍講】
〘名〙
① 君主に奉仕して、学問の講義をすること。また、それをつかさどる人。侍読(じどく)
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「侍講のもの二人に日講の事を仰下されて」 〔後漢書‐和帝紀〕
② 明治時代の官制。侍読、侍補とならび置かれ、天皇、皇太子に和漢洋書を進講した。
※東京横浜毎日新聞‐明治一九年(1886)四月二九日「洛東聖護院村に閑居せる中沼了造氏は、程朱学者にして嘗て侍講と為り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侍講」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侍講の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation