@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

供出【キョウシュツ】

デジタル大辞泉

きょう‐しゅつ【供出】
[名](スル)
政府などの要請に応じて金品などを差し出すこと。
「富者は財産の多分を、軍費に―し」〈竜渓経国美談
政府が民間の物資・主要農産物などを一定の価格で半強制的に売り渡させること。「収穫米を供出する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

供出
 戦中戦後の一時期に生産者が食料政府に売り渡すことを強制された制度

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうしゅつ【供出】
食糧管理制度のもとで1942年から54年にかけて行われた,農民から米麦雑穀いも類の主要食糧の一定量を,政府が決めた価格で強制的に買い上げる方式。食管制度は戦中,戦後の食糧不足時代に,主食国家による直接統制・管理によって,消費者に一定の主食配給量を確保することを目的としていた。その配給量を確保するための,農民からの主食の集荷が供出であったが,それは非常事態のもとでは強制的なしかたで行われた。
供出制度変遷
 供出制度の出発点は1939年に始まる不足であり,その対策として国が米麦の直接統制に乗り出した時である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうしゅつ【供出】
スル
戦時体制下などで、法律により食糧・物資などを政府が民間に一定価格で半強制的に売り渡させること。 米を-する -制度

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐しゅつ【供出】
〘名〙 国などの要請によって物資をさし出すこと。特に、民間の物資、主要食糧農産物などを、一定の価格で半強制的に政府に売り渡すようにさせることをいう。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「富者は財産の多分を軍費に供出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

供出」の用語解説はコトバンクが提供しています。

供出の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation