@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

価値分析【かちぶんせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

価値分析
かちぶんせき
value analysis; VA
使用する材料特性,機能や加工技術,設計方法などをさまざまな角度から分析,検討して,コスト低下をはかること。生産工程のオートメーション化が進むにつれて,その工程でのコストの引下げの余地が次第に少くなってきたために起ってきた生産管理のための技法の一つで,次のようなステップで行われる。 (1) 対象となる材料,部品の機能把握,(2) 現行の加工・調達方法およびコストの把握,(3) 代替案創出列挙,(4) それぞれの代替案の実行可能性とそれらのコストの推定,(5) 最適な代替案の選択,(6) その実施 (設計や業者との交渉あるいは設備の変更など) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かちぶんせき【価値分析】
価値分析は,最低の総コストで必要な機能を確実に達成するため,製品とかサービスの機能分析に注ぐ組織的な努力であると定義されている。価値分析はVA(value analysis)ともVE(value engineering)とも略称されるが今日では後者を用いることが多い。 顧客は価値ある製品やサービスを求めている。VEでいう価値とは,製品とかサービスを利用する顧客側が判断するものであり,したがって企業側としては顧客の立場にたって価値改善をはかるよう努力することになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かちぶんせき【価値分析】
製品や部品の本質的機能を得るための最小原価を求める手法。この本質的機能には使用上の機能だけではなく、顧客の要求する外観・魅力なども含まれる。価値工学( VE )。 VA 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

価値分析
かちぶんせき
バリュー・アナリシスvalue analysis(略称VA)ともいう。バリュー・エンジニアリング(価値工学)と同義に用いられることが多い。1946年にアメリカで開発された新しいコストダウンの考え方およびその手法をいい、求める機能を最少の資源コストで得るため、製品の価値に関連する諸要因を体系的に分析する。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

価値分析」の用語解説はコトバンクが提供しています。

価値分析の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation