@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

価格破壊【かかくはかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

価格破壊
かかくはかい
price destruction
消費者の低価格指向を受けて,メーカー希望小売価格を無視して販売するディスカウントストアなどが登場,安売りが広がっている現象。景気循環によるデフレだけでなく,円高による値下げ,アジアからの安い輸入品,メーカーからの直接仕入れ,大量仕入れによる流通の効率化など,構造の変化が要因になっていることが特徴。郊外型チェーン店の紳士服やスーパーマーケット洋酒,ビール,コーラなどが安売りの中心となった。部品の共通化などによる低価格乗用車などにも動きが広がっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かかく‐はかい〔‐ハクワイ〕【価格破壊】
ディスカウントショップの躍進、安い輸入品の増大などによって、それまでのメーカー主導型の価格体系が崩れ、消費財の価格が下落すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かかくはかい【価格破壊】
〔1969年(昭和44)発表の城山三郎の同名の小説に基づく語〕
それまでの価格体系が崩れ、価格が大幅に下がること。特に、日本経済のバブル崩壊後、ディスカウントショップの成長や円高の進行によって生じたものをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かかく‐はかい ‥ハクヮイ【価格破壊】
〘名〙 大幅な安値販売、低価格商品の開発と導入、大量仕入れと大量販売などにより、メーカー主導の価格体系が崩れ、それまでに想定されていた標準価格が大幅に値下がりすること。
※価格破壊(1979)〈城山三郎〉八「薬局主たちの悩みやかげりを知らず、ただ商人として価格破壊だけをめざして突き進んで来れたのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

価格破壊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

価格破壊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation