@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

侯景の乱【こうけいのらん】

世界大百科事典 第2版

こうけいのらん【侯景の乱】
中国,南朝武帝治下の548年(太清2)8月,南予州刺史の侯景がおこした反乱。侯景は羯族(かつぞく)の出身,東魏からの投降将軍であった。反乱軍は寿春(安徽省寿県)からただちに都の建康(南京)を突き,翌年3月,数ヵ月にわたる籠城のすえ宮城は陥落。551年11月に侯景は即位して国号をと定めたが,王僧弁霸先の連合軍の攻撃をうけて死した。この乱によって,50年におよんだ梁の武帝時代の平和の夢がやぶられただけでなく,江南の社会は上下をあげて壊滅的な打撃をこうむった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

侯景の乱
こうけいのらん
548年8月、中国、南朝の梁(りょう)に起こった反乱。侯景は羯(けつ)族の出身。元来東魏(とうぎ)の勇将として武勲をたてたが、高歓(こうかん)の死後、梁に投降し、南予州刺史(しし)の位を与えられていた。治所の寿春(安徽(あんき)省寿県)からただちに都の建康(南京(ナンキン))をついた反乱軍は、挙兵当初の1000人から10万人の大集団に膨れ上がったのに対し、王朝の援軍の足並みはそろわず、翌年3月、酸鼻を極めた籠城(ろうじょう)戦のすえ宮城は陥落、相次いで梁の武帝も死亡した。そのあと簡文帝(かんぶんてい)がたったものの、実権を手中にした侯景は、551年11月、自ら即位して国号を漢と定めた。しかし王僧弁(おうそうべん)と陳霸先(ちんはせん)の攻撃を受けて翌年4月に敗死。この乱によって、50年に及んだ梁の武帝治下の太平の夢が破られただけではなく、江南の社会は上下をあげて壊滅的な打撃を被った。589年の隋(ずい)の文帝による江南征服の遠因も、この乱に求めることができる。[吉川忠夫]
『吉川忠夫著『侯景の乱始末記』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侯景の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侯景の乱の関連情報

関連キーワード

ベリサリオス奈良市の財政と人員孔子学院ロシアと民族累犯障害者・高齢者北但(ほくたん)大震災石木ダム小仏峠テオドラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation