@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

侯景【こうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

侯景
こうけい
Hou Jing; Hou Ching
[生]景明4 (503)
[没]承聖1 (552)
中国,南北朝時代の武将。生地は朔方(陜西省)とも雁門山西省)ともいわれる。北魏で北辺守備の兵士となったのち爾朱栄仕え,さらに東魏高歓のもとで武将となった。高歓の死後東魏にそむき,(→武帝)に帰属。梁と東魏との間に和議が成立しかけたため,太清2(548)年,梁にそむいて(侯景の乱)その首都の建康に迫り,翌年それを陥落させた。天正1(551)年みずから帝位につき国号をとし,年号を太始としたが,まもなく王僧弁らに殺され,国も滅亡した。侯景の乱は南朝の没落を決定的にし,六朝文化に大打撃を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうけい【侯景】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐けい【侯景】
中国、六朝梁の将軍。字(あざな)は万景。はじめ北魏に仕えたが、梁の武帝のもとにはしる。のち反し、建康(南京)を陥落させて、自ら漢帝と称したが、まもなく、王僧弁らに敗れた。(五〇三‐五五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侯景」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侯景の関連情報

関連キーワード

伊那市考古資料館附属的商行為家電リサイクル法イタリア潜水艦屋久島シドニーハーバーブリッジ隅田八幡人物画像鏡十日町[市]バレアレス[諸島]自衛隊災害派遣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation