@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

係り結び【かかりむすび】

世界大百科事典 第2版

かかりむすび【係り結び】
奈良・平安時代(8~12世紀)の国語において,助詞の〈ぞ〉〈なむ〉〈や〉〈か〉が文中にあるとき,その文の終末部の活用語を連体形で終結し,〈こそ〉があるときは已然(いぜん)形,また,〈は〉〈も〉の場合は終止形で終結する,その助詞と活用形との呼応の関係をいう。鎌倉時代の《手爾波大概抄(てにはたいがいしよう)》や連歌師に注意されていたが,江戸時代に本居宣長が古歌に例を求めてその法則性を立証し,《詞玉緒(ことばのたまのお)》を著した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

係り結び
かかりむすび
日本語の文語文で、文中の係助詞「は」「も」、「ぞ」「なむ」「や」「か」、「こそ」に呼応して、文末の活用語が、それぞれ終止形、連体形、已然形(いぜんけい)となることをいう。係助詞を「係り」、呼応する活用語を「結び」と称する。発生の過程は未詳であるが、奈良時代には、「こそ」の結びが形容詞の場合以外は、前記の形式がみられ、平安時代には「こそ」と呼応する形容詞も已然形となる。鎌倉時代になると係り結びの表現は乱れ始め、室町時代になると法則として教えられるようになり、以後は形式的に保たれるという要素が強くなる。係り結び表現の認識は、『手爾葉大概抄(てにはたいがいしょう)』『姉小路式(あねがこうじしき)』などの和歌秘伝書のなかにそれに関する記述のあることから、室町時代にすでにあったことが知られるが、これを体系的に把握したのは、本居宣長(もとおりのりなが)の『てにをは紐鏡(ひもかがみ)』が最初である。表現の乱れた以後、和歌・連歌・文語文などでかならず守るべき重要な規則とされたが、現在の文語文法でも多くの場合その伝統が保たれ、教授される。[山口明穂]
『山田孝雄著『奈良朝文法史』(1913・宝文館) ▽山田孝雄著『平安朝文法史』(1913・宝文館) ▽松尾捨治郎著『国語法論攷』(1936・文学社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

係り結び」の用語解説はコトバンクが提供しています。

係り結びの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation