@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

俗ラテン語【ぞくラテンご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

俗ラテン語
ぞくラテンご
Vulgar Latin
学校教育や文学上の手本の影響を受けていない話し言葉としてのラテン語。1~8世紀頃の碑文,グラフィト,技術書,キリスト教関係文書などのラテン語文献,ならびに同時代の文法家たちの証言から推定することができ,古典期に完成した書き言葉からの遊離を示している。地域による差は,少くとも文献のうえにはあまり現れていないが,ローマ帝国が滅亡して各地に勢力の中心ができはじめてから次第に大きくなったものと考えられる。それらの新しい様相を帯びた方言ロマンス語派の諸言語へと発展し,9世紀以後の文献にははっきりと各ロマンス語の特徴がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞくらてんご【俗ラテン語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

俗ラテン語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

俗ラテン語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation