@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

俗姓【ゾクショウ】

デジタル大辞泉

ぞく‐しょう〔‐シヤウ〕【俗姓】
僧が俗人であったときの姓。ぞくせい。
「悲田院の尭蓮上人(げうれんしゃうにん)は、―は三浦の某(なにがし)とかや」〈徒然・一四一〉
家柄。素性。
「―歴々の浪人身を隠して」〈浮・永代蔵・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞく‐せい【俗姓】
ぞくしょう(俗姓)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぞくしょう【俗姓】
僧が俗人であったときの姓。ぞくせい。 悲田院の尭蓮上人は、-は三浦の某とかや/徒然 141
うじ素性。家柄。 此の田代冠者と申すは、…-もよきうへ弓矢とてもよかりけり/平家 9

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞくせい【俗姓】
出家者の、在俗の時の姓。ぞくしょう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞく‐しょう ‥シャウ【俗姓】
〘名〙 (「しょう」は「姓」の呉音)
① 僧侶の、俗人であった時の名字(みょうじ)。ぞくせい。
※続日本紀‐文武四年(700)三月己未「道照和尚物化。〈略〉和尚河内国丹比郡人也。俗姓船連」
※徒然草(1331頃)一四一「悲田院堯蓮上人は、俗性は三浦の某とかや、双なき武者なり」
② 世間一般に称している氏姓、家柄。素姓(すじょう)
※中院本平家(13C前)九「其せんぞを尋ぬるに、後三条院の、第三の王子資仁親王五代のこうゐん也、ぞくしゃうゆゆしかりけるうへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞく‐せい【俗姓】
〘名〙 僧が出家する前、俗人であったときの姓。ぞくしょう。〔続高僧伝‐二〇〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俗姓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

俗姓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation