@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

俗楽【ゾクガク】

デジタル大辞泉

ぞく‐がく【俗楽】
雅楽能楽などに対して、民間に行われる音楽。主として江戸時代以降に発達した三味線音楽箏曲(そうきょく)・民謡・流行歌など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぞくがく【俗楽】
民間の世俗音楽。通常、雅楽・声明・能楽を除外し、近世邦楽・俗謡の類を指す。 ⇔ 雅楽

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞく‐がく【俗楽】
〘名〙
民衆の間に普及した音楽。普通、声明(しょうみょう)・普化尺八(ふけしゃくはち)などの宗教音楽や、謡曲・筑紫箏(つくしごと)・薩摩琵琶(さつまびわ)など品格を重んじた音楽は含まない。三味線音楽・俗箏曲・民謡・流行歌など。⇔雅楽
法華義疏(7C前)一「皆為帝釈楽神。四緊那羅為法楽。四乾闥波為俗楽
※集義和書(1676頃)三「柱には虫入(いり)、鋤の柄には虫いらず。俗楽の遊は憂又したがふ」
② 通俗的な音楽。この意味では、俗箏や三味線音楽でも高雅なものは含めない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俗楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

俗楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation