@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

保安【ホアン】

デジタル大辞泉

ほ‐あん【保安】
安全を保つこと。また、社会の安寧秩序を保つこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうあん【保安】
平安後期、鳥羽天皇崇徳天皇の時の年号。1120年4月10日~1124年4月3日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ほうあん【保安】
日本の元号(年号)。平安時代の1120年から1124年まで、鳥羽(とば)天皇、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は元永(げんえい)。次元号は天治(てんじ)。1120年(元永3)4月10日改元。天変、厄運を理由に行われた(災異改元)。保安年間には、白河(しらかわ)法皇による院政が行われていた。鳥羽天皇に実権はなく、1123年(保安4)に白河の意向により皇子の崇徳天皇に譲位し、上皇となった。崇徳の即位後も、白河法皇が実権を掌握した。◇「ほあん」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほあん【保安】
⇒保安(ほうあん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐あん【保安】
〘名〙 安全を保つこと。社会の安寧秩序を保つこと。ほうあん。
※史記抄(1477)一六「生民をだに懐せば我身をも能く保安して可恃ものをと戒たぞ」 〔晉書‐王坦之伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐あん【保安】
[1] 〘名〙 =ほあん(保安)
※新聞雑誌‐一一号・明治四年(1871)八月「之に憑(よっ)て産業を営み其生を保安(ホウアン)するもの不鮮と云」
[2] 平安時代、鳥羽・崇徳両天皇の代の年号。元永三年(一一二〇)四月一〇日、天変、厄運により改元。保安五年(一一二四)四月三日天治と改元。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保安の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation