@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

保田紙【やすだがみ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

保田紙[紙工芸・和紙]
やすだがみ
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
有田郡有田川町で製作されている。江戸時代初期の万治年間(1658年〜1661年)、自生するを有効利用するため、吉野から紙漉き技術が持ち帰られ、技術技法が確立した。手漉きならではの生成色合いと丈夫さが特徴。昭和40年代初めに一時途絶えたが、現在はその技術が伝承されている。かつては主に傘紙団扇の紙としてつくられたが、現在は名刺封筒人形の制作などに使われている。和歌山県郷土伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保田紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保田紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation