@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

保護色【ほごしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

保護色
ほごしょく
protective coloration
動物の体色周囲の環境や背景の色と似て,他の動物に発見されにくいと思われる場合の色のこと。形状が他物とまぎらわしい擬態と組合わさっていることも多い。おもに捕食者に発見されにくいような被食者の色彩のことをさすが,逆に捕食者が被食者のを逃れそれに接近しやすくしていると考えられる場合もある。前者の例には草原にすむバッタや樹葉上にいるチョウ幼虫の多くが緑色をしていることや,ヒラメ海底の模様に応じて体色を変化させる場合などがある。後者には,緑草中の緑色のカマキリ,森林内のトラヒョウ斑紋などがある。しかし人間の目で保護色と見える場合でも,他の動物の目から見たときその保護的効果が疑問視される場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほご‐しょく【保護色】
動物の隠蔽色(いんぺいしょく)の一種外敵から身を守るため、あるいは獲物を待ち伏せるため、周囲から目立たなくする体色や模様。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほごしょく【保護色 protective coloration】
動物をその敵の目から保護していると考えられる体色をいう。緑色の葉の上の緑色の芋虫キリギリス,木のにとまっている複雑な模様のガ,木のこぶに似た色のヨタカ砂地河原小石に見まがう色や斑紋をもつバッタや鳥の卵,林の中の落葉層の上ではほとんど目につかないハツカネズミ類,水底の砂泥にまぎれてしまうドジョウハゼの仲間などの体色は,いずれも保護色の典型である。 このような体色は,いわばその動物の存在を環境の中に隠してしまうものであるために,一般的には隠蔽色concealing coloration(またはcryptic coloration)と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほごしょく【保護色】
動物の被食者が捕食者の目からのがれるためにもつ隠蔽色いんぺいしよく。捕食者の隠蔽色をも呼ぶことがある。 → 隠蔽色威嚇いかく色 ・警戒色

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

保護色
ほごしょく
動物の体色における隠蔽(いんぺい)色の一種で、被食者が周囲の色彩に紛れて目だたなくなることによって、捕食者から逃れるのに有効なものをいう。同様にして、被食者に気づかれずに近づくのに有利な捕食者の隠蔽色をも、保護色ということがある。砂漠の動物が砂に似た淡い色彩をもつこと、海面近くにすむ動物が青みがかっていること、北極の動物の白さ、植物上にすむものの多くが緑色をしていることにその例をみることができる。魚の上面(多くは背側)は下面に比べ暗い色をしているが、それぞれ背景の自然の明暗によくマッチし保護色として働いている。ノウサギ、ライチョウなどは、季節変化とともに野山の色彩が変わるにつれて、それにあわせた体色変化をみせる。ある種の動物は、生活環のなかでその習性にあわせつつ次々に体色を変化させていく。ヒキガエル、ナナフシなどは、体色ばかりでなくその形態も周囲のものと紛らわしく、その行動とも相まって、これを発見するのがしばしばきわめて困難であることはよく知られている。多くの動物は背景にあわせて体色の濃淡や色彩を変化させる。ヒラメなどで顕著にみられるように、部分的に色彩の異なる背景には、これにあわせて体色も部分的に微妙に変化させ背景に溶け込むように隠れるものもある。これらの体色変化は目と中枢神経系、また、ときには内分泌腺(せん)によって支配されており、黒、白、黄、赤などの色素細胞の働きによっておこる。保護色が進化の一要因として重要であることは、自然選択の一例として、C・ダーウィンによって指摘されている。[馬場昭次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほご‐しょく【保護色】
〘名〙 動物の隠蔽色の一つ。生活環境の背景のなかにとけこませることにより、他から発見されにくくする効果を持つ。被食者が捕食者からのがれるのに役立つ色彩の場合にいう。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保護色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保護色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation