@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

保護【ホゴ】

デジタル大辞泉

ほ‐ご【保護】
[名](スル)
外からの危険・脅威・破壊などからかばい守ること。「傷口を保護する」「森林を保護する」
応急の救護を要する理由のあるとき、警察署などに留め置くこと。「迷子を保護する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほご【保護】
スル
危険・破壊・困難などが及ばないように、かばい守ること。 自国民を-する 自然-
身体的精神的機能や生活に必要な能力などが低下している者や未熟な者などについて、その環境や他者による害悪また本人が自分を害する行為に対して、安全の確保、環境の調整、また必要な援助の付与など、その者のためになるように取り計らうこと。 青少年の- 行路病者の-
生活保護法では、国が、生活に困窮する国民に対し、健康で文化的な最低限度の生活の維持を保障し、その自立を助長すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐ご【保護】
〘名〙 (「ほう」は「保」の漢音、「ほ」は慣用音) =ほご(保護)
※高野山文書‐建久六年(1195)一二月一三日・官宣旨「又為宇佐其善神、是非保護之本意、誤妨真言之繁唱乎」
正法眼蔵(1231‐53)仏向上事「不伝といふは、千聖は不伝の分を保護するなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐ご【保護】
〘名〙
① 危険などから、弱いものをたすけまもること。かばうこと。ほうご。庇護(ひご)
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「政府を保護(ホゴ)する屈強の城壁」 〔蜀志‐趙雲伝〕
② 警察に一時とめておくこと。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉憲法発布と日清戦争「私の近所の継子夫婦も逃げたが、前橋の停車場で警官に押さへられ保護されて帰って来た」
[補注]古くは「ほうご」と読むことが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保護」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保護の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation