@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

保険監督者国際機構【ホケンカントクシャコクサイキコウ】

デジタル大辞泉

ほけんかんとくしゃ‐こくさいきこう【保険監督者国際機構】
各国の保険監督当局によって構成される国際組織。国際的な監督基準の策定、新興市場国における保険制度確立の支援、他の金融監督機関との連携などを目的として1994年に発足。約140か国の保険業に関する規制・監督当局が参加(2017年現在)。オブザーバーとして保険会社業界団体なども参加する。IAIS(International Association of Insurance Supervisors)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

保険監督者国際機構
ほけんかんとくしゃこくさいきこう
International Association of Insurance Supervisors
世界の保険監督当局で構成される国際機関。略称IAIS。1994年に設立。スイスのバーゼルにある国際決済銀行(BIS)内に本部を置く。保険会社の健全性を保つ国際統一基準づくりや効果的な監督手法の確立を目的とする。また銀行や証券分野の監督機関などと連携し、世界の金融システムの安定のため監督者間の協調促進に取り組んでいる。このため銀行の自己資本規制などを定めたBISになぞらえて「保険版BIS」ともよばれる。毎年5回程度、最高意思決定機関である執行委員会(25の国・地域で構成)を開き、保険監督の原則、基準、指針などを決め、年1回の年次総会で採択する。2016年8月時点で、140以上の国・地域のほか、国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(世界銀行)、ヨーロッパ連合(EU)、経済協力開発機構(OECD)、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)などの国際金融機関が加盟している。
 2008年のリーマン・ショックで世界最大の保険会社AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)が経営危機に陥ったため、IAISは保険会社への自己資本規制を導入。2015年にはAIGなど大手保険会社への上乗せ規制を導入し、2019年からは日本の大手保険会社を含む世界主要60社に新たな自己資本規制を導入する予定である。なお保険会社の国際的な監督機関がIAISであるのに対し、銀行の監督機関はバーゼル銀行監督委員会(BCBS。1974年設立)、証券会社の監督機関は証券監督者国際機構(IOSCO(イオスコ)。1983年設立)である。また1996年には、銀行・証券・保険にまたがる規制を国際的に議論する3機関共同のジョイントフォーラムが発足した。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険監督者国際機構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保険監督者国際機構の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation